リーガルテック展2017

2017年10月25日にザ・リッツ・カールトン東京でリーガルテック展2017が開催されました。
リーガルテック展は今年で5回目の開催となります。

受付

会場の様子

今回のメインテーマは、RegTech&リーガルテックでした。

写楽

RegTechとは、規制(Regulation)と技術(Technology)を合わせた造語で、アメリカやイギリスを中心に2015年頃より 使われた始めた用語です。Regtechは、金融機関が技術を 駆使して金融規制対応を刷新することを目指しており、 Fintech領域の一部だと考えられています。

リーガルテック展2017の主催者のAOSリーガルテック株式会社 代表取締役社長 佐々木 隆仁氏の開会のご挨拶はこちらです。

RegTech以外にもリーガル分野で活躍されている先生方が最新のリーガルとテクノロジーについてご講演いただきました。

リーガルテック2017の講演内容は、以下の通りです。

① 情報漏洩インシデントにおいて経営陣が負う責任と課題
大井 哲也氏 (TMI 総合法律事務所 パートナー弁護士)

② AI for Smart People ~Intelligent Legal Technology~
David M Sannar氏 (合同会社日本カタリスト マネージング・ディレクター)

③ 日銀・金融庁からマネーフォワードへ Fintechの活性化に向けた取り組み
神田 潤一氏 (株式会社マネーフォワード 社長付 渉外・事業開発責任者)

④ グローバル・コンプライアンスの勘所 ~賄賂、カルテル対策から個人情報保護まで横断的に~
野中 高広氏 (DLA Piper Tokyo Partnership 外国法共同事業法律事務所 オブ・カウンセル弁護士)

⑤ M&Aの基礎と最新実務
伊達 隆彦氏 (西村あさひ法律事務所 パートナー弁護士)

⑥ 米国市場における最新トレンドの仮想データルームとファイル共有技術によるM&Aの効率化
Matt Berry氏 (Propel社 Founder and CEO)
Greg Anderson氏 (Propel社 President – Product)

⑦ 弁護士マッチングシステムのご紹介
Peter Jo氏 (Legaltech Inc. CEO)
Dawn Lee氏 (Legaltech Inc. マーケティング・ビジネスディレクター)

⑨ 新しい FinTechか LegalTechか? RegTech による金融規制対応
佐々木 隆仁氏 (AOSリーガルテック株式会社 代表取締役社長)

⑩ 世界と日本 新たな繁栄を求めて
大前 研一氏 (株式会社ビジネス・ブレークスルー 代表取締役社長 / ビジネス・ブレークスルー大学 学長)

プレミアムワイン会も開催されました。

今年もクリスティーズでアジア人初のワインスペシャリストとして活躍された渡辺順子さんをお招きし、プレミアムワインを行いました。

渡辺順子

今回ご披露したのは、1695年にワイン造りが始まったと言われる歴史ある「シャトー・ラフィット・ロートシルト」世界中のワイン愛好家を魅了するボルドー格付け第1級に輝くワインです。ヴィンテージは1895年。100年以上前のワインですが、1895年から1997年までシャトー内のセラーで保存され1997年ロンドンのサザビースにて競売にかけられ、今回ニューヨークのオークションにて見事落札した最高峰のワインです。

ロートシルト1

オーパスワンのビックボトルも披露されました。

オーパスワン

多数のお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。

ワイン会

ドイツのハノーバーにてCeBIT2017が開幕!

CeBIT2017は、経済産業省がメインスポンサーと渥美坂井ヤンセン外国法共同事業の共催で開催されます。メルケル首相、安倍総理も参加され、日本からはCeBITに118社が参加して、盛大に始まりました。

「国際カルテルにおける立入調査に潜むリスクと対応策」セミナーのご案内

2017年5月10日を皮切りに東京、大阪、名古屋において開催される、ベーカー&マッケンジー法律事務所様主催の「国際カルテルにおける立入調査に潜むリスクと対応策」セミナーについてお知らせいたします。

徳島警察の動画解析

2 月 10 日(金) テレビ朝日のスーハーJチャンネルの特集「瞳に浮き上がる容疑者」にて、弊社の動画フォレンジック技術が紹介されました。

リーガルテック展2016

2016年10月21日にザ・リッツ・カールトン・東京で第4回リーガルテック展が開催されました。

%e5%8f%97%e4%bb%982

 

%e4%bc%9a%e5%a0%b4%e5%85%a8%e6%99%af

今回は、Singularity & リーガルテックがメインテーマでした。

aosbox

開催最初にリーガルテック展の主催者のAOSリーガルテック株式会社 佐々木隆仁社長より、開会のご挨拶がありました。

%e4%bd%90%e3%80%85%e6%9c%a8%e6%8c%a8%e6%8b%b6

コンピュータの能力が人間の能力を超えるシンギュラリティの時代に法律市場を支えるリーガルテックがどう進化していくのかをメインテーマに各分野の最先端で活躍しております講師の方々にご講演いただきますとご紹介させていただきました。

AOSリーガルテック株式会社の佐々木隆仁氏からは、「リーガルテックとAIチャットボット」というテーマでご講演いただきました。

佐々木氏の講演ムービーはこちらです。

 

基調講演は、未来学者のPaul Saffo氏より、シンギュラリティをテーマとして「Meeting the Exponential Challenge」というタイトルでご講演いただきました。

saffo2

saffo3

未来学者 ポール・サッフォー氏のプロフィール

スタンフォード大学教授、米国シンギュラリティ大学チェアマン、スウェーデン王立理工学

アカデミーのフェローを務める弁護士

ハーバード大学法学部、ケンブリッジ大学法学部、スタンフォード大学大学院法学博士課程

卒業。

Paul Saffo氏の講演ムービーはこちらです。

 

Nuix社のDavid Graham氏からは、パナマ文書の解析調査を手がけたNuix社として、「What the hack happened? From the Panama Papers to your law firm」というタイトルご講演いただきました。

david

パナマ文書の解析は、2.6TBのデータ総量となり、Eメールが480万通、300万のデータベース、215万個のPDFファイル、111万個の画像ファイルが検出されたとのことです。

パナマ文書のデータを調べて、実際の記事を書いた朝日新聞社の奥山俊宏編集委員にもご登壇いただき、記者の立場からのコメントされていました。

%e6%9c%9d%e6%97%a5%e6%96%b0%e8%81%9e

Nuix社の講演ムービーはこちらです。

 

ベイカー&マッケンジー法律事務所の井上朗先生は、「クロスボーダー・アントラスト業務におけるArtificial Intelligence活用の可能性」というタイトルで、カルテル調査の実態やベイカー&マッケンジー法律事務所が導入したAIシステムについてご説明いただきました。

%e4%ba%95%e4%b8%8a%e5%85%88%e7%94%9f

井上先生の講演ムービーはこちらです。

 

カタリスト社のJohn Tredennick社長は、「米国におけるリーガル・テクノロジー「TAR」活用の現状と将来」というタイトルでご講演されました。

john

john%e5%85%a8%e6%99%af

カタリスト社の講演ムービーはこちらです。

 

シャーマン アンド スターリング外国法律事務弁護士事務所の望月聡朗先生は、「米国FCPA 〜最近の執行動向とそれを受けてのコンプライアンス対策〜」というタイトルでご講演されました。

%e6%9c%9b%e6%9c%88%e5%85%88%e7%94%9f

望月先生の講演ムービーはこちらです。

 

DLA Pipe のLisa Tenorio-Kutzkey氏より、「Navigating Global Anti-Trust Investigations」というタイトルでご講演いただきました。

lisa%e5%85%88%e7%94%9f

Lisa先生の講演ムービーは、こちらです。

 

特許事務所 白坂パテントマートナーズの白坂一氏は、「人工知能を用いた知財価値評価と知財活用事例」というテーマでご講演されました。

スクリーンショット 2017-07-18 15.05.54

展示会の入り口では、デジタルガーデイアン社のブースで情報漏洩防止ソリューションなどが紹介されました。

%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%83%b3

nuix

セミナーの後は、プレミアムワインの渡辺順子社長のコーディネートにより、ワイン会が開催されました。

%e6%b8%a1%e8%be%ba%e9%a0%86%e5%ad%902

プレミアムワインの最高峰と言われる1990年のペトリュスがご来場のお客様に振る舞われました。

%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%a5%e3%82%b9

%e4%b9%be%e6%9d%af

%e3%81%97%e3%82%99%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%91%e3%82%93

 

%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e4%bc%9a%e5%85%a8%e6%99%af

多数のお客様にご参加いただき、誠にありがとうございました。

 

不正を暴くデジタル鑑識

東芝の巨額不正会計の事件を受けて、デジタル鑑識について、弊社がテレビ東京の取材を受けたときの内容をご紹介します。

スクリーンショット 2016-08-29 14.34.00

日本中に衝撃を与えた東芝の巨額の不正会計問題。

スクリーンショット 2016-08-29 14.35.19

当時の社長は、不正の直接的な指示を会見で否定していました。

スクリーンショット 2016-08-29 14.36.54

しかし、第三者委員会は、歴代3社長による組織的な不正への関与を認定しました。

スクリーンショット 2016-08-29 14.39.03

その根拠となったのが、デジタル鑑識と呼ばれる調査手法でした。対象者のパソコンからデータを保全・収集し、消されてしまったメールを復元するなどのデジタル鑑識の作業が行われました。

スクリーンショット 2016-08-29 14.40.08

専門家が高度なリーガルテックを駆使することで、色々な証拠データを抽出することで、隠したつもりでも、不正をしたかどうかが分かるようになってきているとデジタル・フォレンジック研究会の佐々木良一会長がコメントしています。

スクリーンショット 2016-08-29 14.41.10

そして、東京、港区にあるAOSリーガルテックのフォレンジックラボが紹介されました。

スクリーンショット 2016-08-29 14.43.59

壊されたパソコンやハードディスク、携帯電話からデータを復旧し、証拠データを取り出す作業を行っています。

スクリーンショット 2016-08-29 14.46.42

不正事件の場合は、削除されたり、壊されたりするケースが多いと弊社社長の佐々木がコメントしています。

スクリーンショット 2016-08-29 14.45.32

通常は、不可能を思われるようなケースでも数多くのデータ復旧の成功実績があります。

海水に浸かって、基板が腐食してしまった携帯電話でも内蔵メモリチップを取り出し、写真や通話履歴などのデータ読み込みに成功した事例もあります。

スクリーンショット 2016-08-29 14.47.02

最近、不正を隠すためにデータを消されたり、壊されたスマートフォンが警察や弁護士から持ち込まれるケースが増えています。

スクリーンショット 2016-08-29 14.58.59

膨大な証拠データがスマホに入っており、LINEなども急速に普及しており、この1、2年でスマホの証拠としての重要性は大きくなっています。

スクリーンショット 2016-08-29 14.47.48

検察改革への取り組み

2010年に発生した大阪地検特捜部主任検事証拠改ざん事件では、主任検事がデジタルデータを改ざんしてしまったということで大きな激震が走りましたが、これを契機として、検察庁へのリーガルテックの導入が促進されました。この事件のその後を紹介するため読売テレビが弊社を取材したときの内容を以下にご紹介します。

2010年9月21日に大阪地検特捜部の主任検事が証拠物件のフロッピーディスクを改ざんしたとして、証拠隠滅の容疑で逮捕されました。現職の特捜の検事が担当事件の職務執行に関連して逮捕されるという異例の事態となりました。

スクリーンショット 2016-09-02 12.41.00スクリーンショット 2016-08-29 15.13.40

郵便割引制度を悪用した事件に端を発し、厚生労働省の局長だった村木厚子さんが逮捕・起訴された事件です。

スクリーンショット 2016-09-02 13.42.07スクリーンショット 2016-09-02 12.49.05

村木さんへの無罪判決はおろか、有力な証拠とされていたフロッピーディスクが主任検事に改ざんされていたことが発覚しました。

スクリーンショット 2016-09-02 12.49.28スクリーンショット 2016-09-02 12.50.04

当時の特捜部長らも罪に問われ、一連の責任を取って、検察トップの検事総長らが辞任に追い込まれるという異例の事態になりました。

スクリーンショット 2016-09-02 13.43.36スクリーンショット 2016-09-02 12.51.10

地に落ちた信頼を取り戻すため、検察改革が実行されました。

スクリーンショット 2016-09-02 12.52.02スクリーンショット 2016-09-02 13.45.35

検察庁は「供述に依存した捜査」からの脱却を掲げるようになり、事件から5年後、特捜部の捜査の一室がテレビに初公開されました。

スクリーンショット 2016-09-02 12.52.29スクリーンショット 2016-09-02 12.52.53

パソコンやデジタル機器を揃え、デジタルフォレンジック(電子鑑識)により、捜査当局による恣意的な証拠改ざんを防ぐ目的でパソコンや携帯電話のデータが変更されないように保管できるシステムなどが導入されました。

スクリーンショット 2016-09-02 12.53.17スクリーンショット 2016-09-02 12.53.35

デジタルフォレンジック(電子鑑識)の技術により、どういう証拠調査が行えるかを紹介するためにAOSリーガルテックのフォレンジックラボが取材を受けました。

スクリーンショット 2016-09-02 12.54.35スクリーンショット 2016-09-02 13.39.36

スマホからデータを抽出し、原本と全く同じデータであることを証明できる専用の装置を使ってデータをコピーします。

スクリーンショット 2016-09-02 13.50.18スクリーンショット 2016-09-02 13.55.42

取り出したデータに対して、データ復元を行い、削除された証拠データも抽出することができます。専用のソフトを使って、一旦、削除されたメール、Twitter、LINEの記録なども復元可能です。犯人とつながりのある人を割り出すことができます。

スクリーンショット 2016-09-02 13.52.22スクリーンショット 2016-09-02 13.54.31

更に、メールのやり取り、誰が誰とどのくらいの頻度でやり取りしていたかということも、視覚的に表示をして確認することができます。

スクリーンショット 2016-09-02 14.02.56スクリーンショット 2016-09-02 14.03.21

パソコンや携帯電話から取り込んだ膨大な量のメールを専用のソフトで解析すると、画面上でやり取りをした相手同士が戦で結ばれて表示されます。

スクリーンショット 2016-09-02 14.03.38スクリーンショット 2016-09-02 14.21.43

やり取りの頻度の多いものだけを抽出することで、何度も何度もやり取りしているものだけをピックアップしれ調べることができ、社内不正調査などに使われるツールです。

スクリーンショット 2016-09-02 14.23.27スクリーンショット 2016-09-02 14.25.30

他にも、スマートフォンのGPSやWi−Fi機能で携帯電話を持っていた人が、いつ、どこにいたかという位置情報や時刻までも客観的な証拠として取得することができます。

スクリーンショット 2016-09-02 14.27.41スクリーンショット 2016-09-02 14.32.15

実際に大阪国税局の調査官による汚職事件の捜査では、携帯電話から調査官が移動したルートが復元され、賄賂を受け取った場所が特定されました。

スクリーンショット 2016-09-02 14.35.00スクリーンショット 2016-09-02 14.36.36

今は、デジタルフォレンジックは、特捜部の捜査に欠かせない存在となっています。

スクリーンショット 2016-09-02 14.38.53

デジタル証拠の保全・収集と訴訟実務

8月26日(金)にTKPガーデンシティ永田町において、弁護士ドットコムとAOSリーガルテック主催でデジタルデータの基礎知識「デジタル証拠の保全・収集と訴訟実務」セミナーが開催されました。
セミナー全景

電子メールなどのデジタルデータは、行為者や行為事実の重要な証拠となりうる一方、複製・消去・改変が容易であるため、その取扱いにおいては特有の配慮や工夫が必要となります。 本セミナーでは、そもそも「デジタルデータって何?」という基本的な部分から、デジタル証拠の取扱い、証拠提出の際のノウハウ、証拠保全のポイント等、マスコミでも話題にな った事例を多数とりあげながら解説しました。

セミナー内容は、以下の通りです。

■ デジタルデータの基礎知識とデジタル証拠の意義

・「デジタル証拠」とは何か?

・デジタル証拠の特徴と問題点

■ デジタル証拠の収集・保全 証拠能力のあるデジタルデータとは

・デジタル・フォレンジックス概要

・消去されたデータ復元の技術

・携帯電話・スマートフォンのデータ復元と新しい技術

■ デジタル証拠と訴訟実務

・デジタル証拠提出の際のノウハウ

・訴訟における写真・映像・音声データの取扱い

・捜査機関手持ちのデジタル証拠の入手方法

【取り上げた事例】

・東芝不正会計事件 ~消されたメールの復元で明らかになった会計操作の事実~

・検察官による証拠改ざん事件 ~改ざんされたデータの痕跡を追う~

・大相撲八百長事件・野球賭博事件 ~携帯電話のデータ復元によりすべてが明らかに~

 

まずは、弁護士ドットコムの紹介がありました。

続いて、AOSリーガルテックのフォレンジック事業部長 重政孝弁護士より「デジタル証拠の保全・収集と訴訟実務」についての講演がありました。セミナーの内容は、長時間のため、前半と後半に分けて、ご紹介します。

多数の弁護士先生方にご出席いただき、誠にありがとうございました。

AOSソリューションフェアを開催

赤坂の山王会館でAOSソリューションフェアーを開催しました。

リーガルテック®展2015

2015年10月5日にザ・リッツカールトン・東京で第3回リーガルテック®展が開催されました。

リーガルテック展会場

リーガルテック®展会場

世界最先端のリーガルテクノロジーと専門家が集う国際カンファレンスということで、毎年多くの方にご参加いただいており、今年も、たくさんの方々に会場にお越しいただきました。

リーガルテック展受付

リーガルテック®展受付

プログラム1では、駒澤綜合法律事務所の高橋郁夫弁護士と田辺総合法律事務所の吉峯耕平弁護士が「デジタル証拠の法務の現在と将来」について講演されました。

お二人は、最近「デジタル証拠の法律実務Q&A」を執筆されましたので、これを記念しての講演となりました。

プログラム2では、ベイカー&マッケンジー法律事務所の井上朗弁護士より、「リーガルテクノロジーを使った国際カルテル事案への対応策」というテーマで講演されました。

井上先生は、10年以上に亘り、独占禁止法および競争法案件に一貫して対応してきたアンチトラスト案件の専門弁護士です。

プログラム3では、カタリスト社のJohn Tredennick社長が「Using Next-Generation Technology Assisted Review(TAR2.0) to Reduce Discovery Costs」というテーマで講演されました。John社長は、大手法律事務所で訴訟弁護士として活躍し、電子データの証拠開示を支援するためカタリスト社を創業しました。

プログラム4では、TMI総合法律事務所の大井哲也弁護士が「マイナンバー対応の為の安全管理システムの実装フロー」というテーマで講演されました。大井先生は、クラウドコンピューティング、インターネット、インフラ、SNS、情報セキュリティの各産業分野における実務に精通しており、経済産業省の情報セキュリティに関するタスクフォース委員等を歴任されています。

プログラム5では、インテレクチュアル・ベンチャーズ社の日本代表の加藤幹之氏が「欧米新時代の知財戦略とその具体的活用例」というテーマで講演されました。加藤氏は、富士通の知財本部長、富士通研究所の常務取締役、富士通総研の専務を経て、2010年にインテレクチュアル・ベンチャーズ社に入社されました。

プログラム6では、経済再生担当大臣甘利明氏の講演を予定しておりましたが、TPP閣僚会議が急遽、延長され、帰国できなくなってしまったため、AOSリーガルテックの佐々木隆仁社長が「デジタルフォレンジックと証拠調査」というテーマで講演されました。冒頭で甘利大臣に送っていただいたメッセージも紹介しております。

プログラム7では、元警視総監で東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事の米村敏朗氏が「危機管理とオリンピック〜想像と準備〜」というテーマで講演されました。

プログラム8では、AOSリーガルテックの佐々木隆仁社長が「最先端のリーガルテック®の活用と不正調査」というテーマで講演されました。

プログラム9では、カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授の中村修二先生が「青色発光ダイオードの知財訴訟とノーベル賞」というテーマで講演されました。

そして、プログラムの最後のプレミアムワイン会では、クリスティーズでアジア人初のワインスペシャリストとして活躍された渡辺順子さんをお招きして、貴腐ワインとして、世界最高の評価を受けているシャトー・ディケムのヴィンテージワインを振舞っていただきました。

ワインスペシャリスト/渡辺順子

ワインスペシャリスト/渡辺順子

プレミアムワイン会

プレミアムワイン会

(リーガルテック®は、AOSテクノロジーズ株式会社の登録商標です)