デジタル証拠の保全・収集と訴訟実務

8月26日(金)にTKPガーデンシティ永田町において、弁護士ドットコムとAOSリーガルテック主催でデジタルデータの基礎知識「デジタル証拠の保全・収集と訴訟実務」セミナーが開催されました。
セミナー全景

電子メールなどのデジタルデータは、行為者や行為事実の重要な証拠となりうる一方、複製・消去・改変が容易であるため、その取扱いにおいては特有の配慮や工夫が必要となります。 本セミナーでは、そもそも「デジタルデータって何?」という基本的な部分から、デジタル証拠の取扱い、証拠提出の際のノウハウ、証拠保全のポイント等、マスコミでも話題にな った事例を多数とりあげながら解説しました。

セミナー内容は、以下の通りです。

■ デジタルデータの基礎知識とデジタル証拠の意義

・「デジタル証拠」とは何か?

・デジタル証拠の特徴と問題点

■ デジタル証拠の収集・保全 証拠能力のあるデジタルデータとは

・デジタル・フォレンジックス概要

・消去されたデータ復元の技術

・携帯電話・スマートフォンのデータ復元と新しい技術

■ デジタル証拠と訴訟実務

・デジタル証拠提出の際のノウハウ

・訴訟における写真・映像・音声データの取扱い

・捜査機関手持ちのデジタル証拠の入手方法

【取り上げた事例】

・東芝不正会計事件 ~消されたメールの復元で明らかになった会計操作の事実~

・検察官による証拠改ざん事件 ~改ざんされたデータの痕跡を追う~

・大相撲八百長事件・野球賭博事件 ~携帯電話のデータ復元によりすべてが明らかに~

 

まずは、弁護士ドットコムの紹介がありました。

続いて、AOSリーガルテックのフォレンジック事業部長 重政孝弁護士より「デジタル証拠の保全・収集と訴訟実務」についての講演がありました。セミナーの内容は、長時間のため、前半と後半に分けて、ご紹介します。

多数の弁護士先生方にご出席いただき、誠にありがとうございました。