第23回 白浜シンポジウム

第23回 サイバー犯罪に関する白浜シンポジウムが開催され、リーガルテックも出展しました。
今年のテーマは、「メガイベントのセキュリティ対策 〜デジタル時代のイベントに対して、我々は何をすべきか〜」です。

白浜シンポジウム会場

ラグビーワールドカップ2019や東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会と、世界的なメガイベントが日本で開催される予定となっており、国を挙げて情報セキュリティ対策が進められています。

これまでのオリンピックでは、サイトを狙った「DDoS攻撃」やユーザーを狙った「フィッシング詐欺」が大きな問題となっていました。

今後のイベントでは、電力や交通、通信ネットワークといったインフラを狙ったサイバー攻撃が懸念されており、AIを利用したサイバー攻撃や新たな機能を付加したランサムウェアによる攻撃にも警戒が必要とされています。
また、人種差別や排外主義がますます広がることも予想され、観客が会場で閲覧するフェイクニュースが原因となる混乱やデモ・暴動の発生も気がかりです。
実際にサイバー攻撃が疑われるインシデントが発生した場合にどのように対処すればいいでしょうか?という内容で各分野の専門家の方々が講演をされていました。

今回、リーガルテックブースでは、これまで限られた専門家にしかできなかったフォレンジック調査を非専門家でも行えるように開発されたAOS Fast Forensicsを展示しました。

AOSブース1

ファストフォレンジックツールを使えば、現場で即時に必要な初期調査が行い、操作対象の絞り込みを効率良く行うことができます。

メガイベントのセキュリティ対策に現場主義のAOS Fast Forensics

会場では、無料体験版も配布しました。デジタルフォレンジック時代は現場中心の秒を競うような素早いフォレンジック調査が必要です。世界的なメガイベントが日本で開催される中、国を挙げて情報セキュリティ対策が進められています。

AOS Fast Forensics

AOS Fast Forensicsは、USBメモリを挿入しプログラムを実行するだけで調査対象のパソコンにインストールすることなく、データ収集が可能です。非専門家でも扱える簡単な操作でフォレンジックの初動調査を支援します。

AOS Fast Forensics の詳細は、こちらをご参照ください。

また、監視カメラやドライブレコーダの映像解析を行う画像解析フォレンジックツールなども展示しました。

AOSブース2

画像解析フォレンジックについては、こちらをご参照ください。

AOS画像解析フォレンジック Enhancement

最先端の解析技術で、監視カメラに写ったぼやけた顔、ブレた走行車両のナンバープレートなど、不鮮明な画像を鮮明化して証拠データとして抽出します。

AOS画像解析フォレンジック Enhancement の詳細は、こちらをご参照ください。

2月13日(水)第十回 保安電子通信技術セミナー・展示会に出展しました。

Forensics

2019年2月13日(水) 東京国際フォーラム(東京都千代田区丸の内3-5-1)にて開催された『第十回 保安電子通信技術セミナー・展示会』に出展致しました。オリンピックを控え、監視カメラ・車載機器・ドローンなど映像機器を含めた情報端末が進化を続ける中、街頭の監視や捜査、事故や災害現場における映像関係の出展が目立つ展示会となりました。

実際にインシデントが起きた際に事実の解明に資するフォレンジック分野も、モバイル対応が進み現場ニーズに則した細かな技術の改善も蓄積されて来ていると感じを受ける一方、調査ツールは海外勢のものが依然として多いため、日本語対応や国内メーカー端末への対応がセールスポイントひとつとして謳われる状況も続いているようです。人にやさしい社会を実現するため、企業は蓄積したノウハウを迅速にツールやサービスに反映する体制を強化し、そこに携わる関係者を支援していく必要があるとの感を受けました。

(ご参考)一般財団法人保安通信協会セミナー・展示会ページhttp://www.hotsukyo.or.jp/tech/seminar/index.html

/||AOSの関連サービス


監視カメラからドライブレコーダーIoTデータまで証拠画像を解析します。
https://www.fss.jp/imageanalysis_forensics/

リーガルテック展2018が銀座シックスで開催されました(最先端リーガルテック編)

リーガルテック展2018が11月27日に銀座シックスで開催されました。

リーガルテック展は、今年で6回目の開催となりましたが、今年のテーマは、「AI,ブロックチェーンとリーガルテック」をメインテーマに各分野の専門家、実務家の方々にご講演いただきました。今回は回遊式のイベントとなり、3つの会場が設けられました(本ブログはTHE GRAND GALLERYで行われた最先端リーガルテックに関する企業・団体によるミニセッションの内容をお伝えします)。

会場では12:30より、「KLDiscovery」次いで「株式会社エアー」の各20分間のランチョンセミナーを皮切りに、アルティメットな12セッションが進行していきます。

eDiscovery技術を使用した電子保存データの実情と活用方法

KLDiscovery マネージャー 吉田克也氏、マーケティングマネージャー 佐久間健人氏

*上記の映像は、撮影の関係でご講演開始より5分程度の内容が収録出来ませんでした。心よりお詫び申し上げます。

インシデント未然防止のために

株式会社エアー WISE事業部 事業部長 久保直樹氏

ドライブレコーダーとデジタルフォレンジック

一般社団法人ドライブレコーダー協議会 事務局 尼野良氏

識別困難な状態からも証拠となる画像、動画データを抽出

AOSリーガルテック株式会社 画像解析フォレンジック フォレンジック調査官 マネージャー 小瀬聡幸(こせ としゆき)

VDR Market Trend in the U.S. 米国のVDR市場動向

PropelDocs VicePresident Nir Grossman(ニーア・グロスマン)氏

壁に耳、㊙(まるひ)データにVDR

AOSリーガルテック株式会社 データルームVDRカンパニー 担当営業 田村文人(たむら ふみと)

リーガルテックとAIクラウドバックアップ

AOSデータ株式会社 代表取締役社長 春山洋

非IT部門のためのフォレンジックツール

AOSリーガルテック株式会社 Data Forensicsフォレンジック調査官 マネージャー 小瀬聡幸(こせ としゆき)

多数のお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。


main

メインカンファレンスを見る

gallery

最先端リーガルテックのミニセッションを見る

リーガルテック展2018が銀座シックスで開催されました(AI・ブロックチェーンソリューション編)

リーガルテック展2018が11月27日に銀座シックスで開催されました。

リーガルテック展は、今年で6回目の開催となりましたが、今年のテーマは、「AI,ブロックチェーンとリーガルテック」をメインテーマに各分野の専門家、実務家の方々にご講演いただきました。今回は回遊式のイベントとなり、3つの会場が設けられました(本ブログはTHE GRAND47で行われたAI・ブロックチェーン技術を使った企業・団体によるミニセッションの内容をお伝えします)。

会場では12:30より、「APIbank」の20分間のランチョンセミナーを皮切りに、アルティメットな12セッションが進行していきます。

250兆円の市場に参入しよう!

APIbank エディター/ディレクター 丸山耕二氏

AIビジネス促進に向けた企業の法的課題 ~AIビジネスを後押しするための法的な配慮事項を中心に~

渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 弁護士 早川真崇氏

インサイダー取引とAI

金融庁 証券取引等監視委員会事務局 証券調査官 味香直希氏

発明と人工知能

特許業務法人白坂 所長弁理士 白坂一氏

AI契約書レビュー「AI-CON」の今後 ~法務業務のAI活用~

GVA法律事務所 代表弁護士 山本俊氏

契約法務におけるAI(自然言語処理)の利活用と課題 ~LegalForceが目指す企業法務の未来と展望~

株式会社LegalForce 代表取締役CEO 角田望氏

AI時代の弁護士・法務部員の役割・働き方 ~ルールメイキング思考の重要性~

法律事務所ZeLo 弁護士 南 知果氏

ブロックチェーンの不動産登記への応用に関する検討

株式会社bitFlyer システム開発部 CISO 竹井悠人氏

ARTDEXブロックチェーンを搭載した世界最大のプライベートアートデータベースと独自のアート業界AIとグローバルマーケットプレイスの構築

ARTDEX Founder,CEO JENNY PARK ADAM氏

オフチェーンとオンチェーンの世界をつなぐ

SwissBorg Head of Communication Alex Fazel氏

法学部生が考えるブロックチェーンの活用方法

IOST 愛知学院大学 法学部 浅井郁哉氏

多数のお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。


main

メインカンファレンスを見る

gallery

最先端リーガルテックのミニセッションを見る

リーガルテック展2018が銀座シックスで開催されました

リーガルテック展が2018年11月27日に銀座シックスで開催されました。

リーガルテック展看板
入り口
入り口2

リーガルテック展は、今年で6回目の開催となりましたが、今年のテーマは、「AI,ブロックチェーンとリーガルテック」をメインテーマに各分野の専門家、実務家の方々にご講演いただきました。

今回の会場は,GINZA SIXの13階にあるTHE GRAND GINZAを1フロア貸し切って、4つのエリアに分けて開催しましたが、メインのカンファレンス会場は、こんな感じです。
メイン

サテライト会場様子はこちらです。
サテライト会場

ラウンジの様子はこちらです。
ラウンジ

AI,ブロックチェーンのブースの様子はこちらです。
ブロックチェーンミニ講演
ブロックチェーンブース全景
ブロックチェーンブース

リーガルテックブースの会場は、こちらです。
リーガルテックブース
リーガルテックブース2

メインカンファレンスは、AOSリーガルデックの佐々木社長の挨拶から始まりました。

最初の講演は、「AIと法務の現在と未来」というテーマで株式会社メルカリの弁護士 齊藤 友紀先生にご講演いただきました。

続いて、「電子契約の法的有効性」というテーマで宮内・水町 IT法律事務所の弁護士 宮内 宏先生が講演されました。

そして、「ブロックチェーン基盤のスマート電子契約のご紹介」というテーマでAOSリーガルテック株式会社 代表取締役社長の佐々木 隆仁氏が講演しました。

スマート電子契約の詳細は、こちらをご参照ください。

午後のセッションは、「私たちは革命の最中にいる 将棋AIでプロ棋士に勝ったエンジニアの語る未来」というテーマでHEROZ株式会社リードエンジニアの山本 一成氏が講演されました。

続いて、「なぜブロックチェーンは 社会を変革するのか?」というテーマで一般社団法人ブロックチェーン推進協会 代表理事の平野 洋一郎氏が講演されました。

そして、「ブロックチェーンで変わる未来」というテーマで経済学者の野口 悠紀雄先生が講演されました。

野口先生バストショット

続いて、野口先生とAOSリーガルテックの佐々木社長との対談が行われました。

最後は、「裁判のIT化とリーガルテック」というテーマでパネルディスカッションが開催されました。
まずは、内閣官房日本経済再生総合事務局の川村尚永参事官が「裁判のIT化」について」講演されました。

続いて、田辺総合法律事務所 パートナー弁護士の吉峯耕平先生が「弁護士から見た裁判のIT化」について講演されました。

そして、AOSリーガルテックの佐々木 隆仁社長が「次世代法律検索プラットフォーム「dBengosi.com」判例・法令検索のご紹介」というテーマで講演されました。

次世代法律検索プラットフォームについての詳細、こちらをご参照ください。

その後は、登壇された3人でパネルディスカッションとなりました。
佐々木パネル

リーガルテック展のフィナーレにプレミアムワイン会が開催されました。
ワイン会全体

今回もワインスペシャリストの渡辺順子さんにコーディネートいただきました。
渡辺順子

今回のワイン会の目玉は、30年以上熟成させたドンペリのP3とAOSが創業した1995年のドンペリとなりました。
ドンペリ

多数のお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。
ドンペリ95


main

AI・ブロックチェーンソリューションを見る
gallery

最先端リーガルテックのミニセッションを見る

第22回 サイバー犯罪に関する白浜シンポジウムにリーガルテック社として出展致しました。

今回のシンポジウムの会期は、平成30年5月24日(木)~5月26日(土)、場所は和歌山県立情報交流センター Big・U となりました。このシンポジウムのテーマは、「若者とサイバー犯罪:被害者・加害者・傍観者」でデジタルネイティブ世代である若者がサイバー犯罪の被害者となるだけでなく、加害者にもなり得る現状を整理し対策を議論することでした。全国のサイバー犯罪の有識者、弁護士、捜査機関、海外のサイバー犯罪に関する専門家が一同に会し、意見交換をする場となりました。

shirahama cyber crime symposium

リーガルテック社は、断片化、破損した動画ファイルを修復して証拠データを抽出できる「AOS画像解析フォレンジック Professional」、証拠データ画像を鮮明化することができる「AOS画像解析フォレンジック Enhancement」、Android調査・解析ツール「AndrEx」、USBメモリを挿入するだけで高速フォレンジック調査が可能な「AOS Data Forensics」、大容量のデータの不正調査ツール「Nuix Investigation & Response」を出展させていただきました。

商品展示会では、「AOS画像解析フォレンジック Professional」と「AOS画像解析フォレンジック Enhancement」にご興味をお持ちになられるお客様が非常に多かったように思います。

昨今は、ドライブレコーダ、監視カメラなど映像機器の設置台数が増えたことで、捜査現場での証拠検証としてが画像を持ち込まれる場面が非常に多いそうです。これまでの画像フォレンジックツールでは、「非常に高価でツールの導入が進んでいない」「画像ファイルの復元を諦めていた」ことが多かったようですが、「AOS画像解析フォレンジック Professional」と「AOS画像解析フォレンジック Enhancement」のツールを活用すれば、多くの捜査現場での解析の手助けになるのでは?というご感想を非常に多くいただきました。

forensics tool

他社の展示コーナーでは、フォレンジックツールと同時に「サイバーセキュリティーソリューション」も多く展示されていました。サイバーセキュリティーは、ウィルスやマルウエアの攻撃と同時に「振る舞い検知」のソリューションの提案も多く見受けられました。リーガルテック社では、「Nuix」に該当するソリューションも提案することができます。

シンポジウム全体の来場者はおよそ600人。そのうち、リーガルテック社のコーナーに立ち寄っていただいたお客様は、延べ100人強でした。通常の展示会よりも小規模ではありますが、来場者にサイバーセキュリティー、フォレンジック調査の専門家が多い為、商談一つ一つに現実味があり、日頃できないようなお話をお聞かせいただくことが出来、大変有意義なシンポジウムとなりました。


ご参考)

関連書籍:『コンピュータ・フォレンジック完全辞典

AWS re:Invent イベント準備

ラスベガスでアマゾンウェーブサービス(AWS)の最大イベントが始まります。

Las Vegas

全体では、4万人、日本からも1000人が参加するとのことです;

Re-invent

aws

前回は、AWSに招待されて一般での参加でしたが、今回は、AOSブースを出しました。

booth

今回は、販促品で実際に換金できるビットコイン「AOSコイン」を用意しましたので、AWS Re:Inventにご参加の方は、是非、AOSブースにお立ち寄りください。

bit-coin

リーガルテック展2017

2017年10月25日にザ・リッツ・カールトン東京でリーガルテック展2017が開催されました。
リーガルテック展は今年で5回目の開催となります。

受付

会場の様子

今回のメインテーマは、RegTech&リーガルテックでした。

写楽

RegTechとは、規制(Regulation)と技術(Technology)を合わせた造語で、アメリカやイギリスを中心に2015年頃より 使われた始めた用語です。Regtechは、金融機関が技術を 駆使して金融規制対応を刷新することを目指しており、 Fintech領域の一部だと考えられています。

リーガルテック展2017の主催者のAOSリーガルテック株式会社 代表取締役社長 佐々木 隆仁氏の開会のご挨拶はこちらです。

RegTech以外にもリーガル分野で活躍されている先生方が最新のリーガルとテクノロジーについてご講演いただきました。

リーガルテック2017の講演内容は、以下の通りです。

① 情報漏洩インシデントにおいて経営陣が負う責任と課題
大井 哲也氏 (TMI 総合法律事務所 パートナー弁護士)

② AI for Smart People ~Intelligent Legal Technology~
David M Sannar氏 (合同会社日本カタリスト マネージング・ディレクター)

③ 日銀・金融庁からマネーフォワードへ Fintechの活性化に向けた取り組み
神田 潤一氏 (株式会社マネーフォワード 社長付 渉外・事業開発責任者)

④ グローバル・コンプライアンスの勘所 ~賄賂、カルテル対策から個人情報保護まで横断的に~
野中 高広氏 (DLA Piper Tokyo Partnership 外国法共同事業法律事務所 オブ・カウンセル弁護士)

⑤ M&Aの基礎と最新実務
伊達 隆彦氏 (西村あさひ法律事務所 パートナー弁護士)

⑥ 米国市場における最新トレンドの仮想データルームとファイル共有技術によるM&Aの効率化
Matt Berry氏 (Propel社 Founder and CEO)
Greg Anderson氏 (Propel社 President – Product)

⑦ 弁護士マッチングシステムのご紹介
Peter Jo氏 (Legaltech Inc. CEO)
Dawn Lee氏 (Legaltech Inc. マーケティング・ビジネスディレクター)

⑨ 新しい FinTechか LegalTechか? RegTech による金融規制対応
佐々木 隆仁氏 (AOSリーガルテック株式会社 代表取締役社長)

⑩ 世界と日本 新たな繁栄を求めて
大前 研一氏 (株式会社ビジネス・ブレークスルー 代表取締役社長 / ビジネス・ブレークスルー大学 学長)

プレミアムワイン会も開催されました。

今年もクリスティーズでアジア人初のワインスペシャリストとして活躍された渡辺順子さんをお招きし、プレミアムワインを行いました。

渡辺順子

今回ご披露したのは、1695年にワイン造りが始まったと言われる歴史ある「シャトー・ラフィット・ロートシルト」世界中のワイン愛好家を魅了するボルドー格付け第1級に輝くワインです。ヴィンテージは1895年。100年以上前のワインですが、1895年から1997年までシャトー内のセラーで保存され1997年ロンドンのサザビースにて競売にかけられ、今回ニューヨークのオークションにて見事落札した最高峰のワインです。

ロートシルト1

オーパスワンのビックボトルも披露されました。

オーパスワン

多数のお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。

ワイン会

10月6日(金)~10月7日(土)「情報セキュリティワークショップin越後湯沢2017」に出展致します。

この度「情報セキュリティワークショップin越後湯沢2017」に出展させていただく事が決まりましたのでお知らせ致します。

「情報セキュリティワークショップin越後湯沢2017」http://anisec.jp/yuzawa/

【開催日程】 10月6日(金)~10月7日(土)
【開催場所】 新潟県湯沢町公民館 / 湯沢東映ホテル
【主催】 NPO新潟情報セキュリティ協会
【出展内容】 デジタル・フォレンジックの調査ツール「AndrEx」「画像フォレンジック」「FinalForensics」などを展示

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

9月26日(水)~9月27日(木)「第51回内部監査フェア」に出展致します。

9月26日(水)~9月27日(木)「第51回内部監査フェア」に出展致します。

この度「第51回内部監査フェア」に出展させていただく事が決まりましたのでお知らせ致します。

「第51回内部監査フェア」http://www.iiajapan.com/conference/fair.html

【開催日程】 9月26日(水)10:00-19:00~9月27日(木)9:00-15:20
【開催場所】 ハイアットリージェンシー東京東京都新宿区西新宿2-7-2
【主催】 日本内部監査協会
【出展内容】 9月発売予定の機密情報共有クラウドサービス「AOSデータルーム」をはじめ、世界標準の不正調査ツール「Nuix」や個人情報検索・運用ツール「プライバシーディフェンダー」などを展示

皆様のご来場を心よりお待ちしております。