2019年リーガルテックワイン会 〜 第3回 ローヌ地方〜

ローマ法王によって広まったワイン

ワインdeめぐる世界の旅 第3回

ローヌ地方は南北200キロ、東西100キロに及ぶ広大なワイン産地でボルドーに次ぐ生産量を誇ります。
ローヌは大きく南と北に分けられ、北部はシラー種を使った力強い濃厚な赤を中心に希少価値の高い白を、南部は
グルナッシュ種を中心に複数の品種をブレンドしたバランスの良いワインが作られています。今回は歴史あるドメ
ーヌ「ギガル」がローヌの北部と南部で作る代表的なワインをテイスティングしていただきます。ギガルはパーカ
ーポイント100点を最も獲得したドメーヌとしても有名で、その数は35銘柄にも及びます。

1、ローヌワインの歴史と特徴

ローヌワインは、フランス南部のローヌ川流域で生産されるワインで、広域AOCのコート・デュ・ローヌ
(Cotes du Rhone)地域に相当します。
フランスで最も古く、紀元前600年頃にはぶどうの栽培が始められていたとされています。
気候的にも土壌の面でも、北部と南部では違っていて、
北部は、大陸性気候で、土壌も花崗岩質の斜面が多く、
南部は、やや海洋性気候に近くなり、土壌は水はけのよい砂利の混じった土壌で、
地区によってかなりの違いがあります。

2、歴史ある作り手「ギガル」について

ギガル社は創業1946年。それからわずか60年で「ローヌといえばギガル」と言われるまでになったのが、
ローヌの帝王、ギガルです。ローヌ北部に位置するコート・ロティ、コンドリュー、エルミタージュ、サン・ジョセフ、そしてクローズ・
エルミタージュといったアペラシオンから生産するワインを、アンピュイにある地下室で醸造・熟成させます。
また、南部の名門ワインであるシャトーヌフ・デュ・パプ、ジゴンダス、タヴェル、そしてコート・デュ・
ローヌも、この地下室にて熟成されます。

3、「ギガル」の作る赤・白・ロゼ・をテイスティング

ギガル社の醸造方法は、ワインの世界では特異なもので、農薬、除草剤、化学物質などは、
一切使用せず、優れたブドウを収穫することで可能となります。
彼らの方法は、ローヌ渓谷の長い歴史に伴った伝統に耳を傾けるものであり、ギガルでは
“シンプル” なワインは作っていません。そんなギガル社のワインをおいしい食事と共にそれぞれテイスティングしました。

サンプル

コート・デュ・ローヌ ブラン [2015] ギガル

ヴィオニエ・ルーサンヌ・マルサンヌなどローヌの土着品種を使用した華やかな味わいです。ローヌ地方の北と南からそれぞれぶどうを収穫しブレンドし深みのある白ワインに仕上げました。

サンプル

タヴェル ロゼ [2015] ギガル

ロゼワインで有名な産地「タヴァル」で作られるロゼワインの中では間違いなくトップの味わいだと評論家が大絶賛する味わいです。

サンプル

クローズ・エルミタージュ [2015] ギガル

ローヌ・北部に広がる代表的な産地、クローズ・エルミタージュの赤ワインです。シラー種100%で作る味わいは男性的な力強さと女性的なエレガントさを兼ね備える味わいです。

2019年リーガルテックワイン会 〜 ワイン de めぐる世界の旅 第 3 回 〜 「ローヌ地方」 いかがでしたでしょうか?

ワインde世界を巡る旅、今日は皆様をローヌへお連れしました。

ローヌは14世紀にキリスト教の法王庁がアヴィニョンに移転されたことでワイン産業が飛躍的に発展した産地です。

寒暖差が激しくぶどうにとって過酷な環境で、朝晩の気温はマイナスに、日中は30度を超える日もありますが、その環境が美味しいぶどうを育てます。

赤も白も果実味豊かでアロマたっぷりの味わいがローヌの特徴です。

今回はローヌで1、2を競う大手醸造ワイナリー「ギガル社」が造る赤、白、ロゼをいただきました。

次回のテーマは

~ ワイン de めぐる世界の旅 第 4 回 ~

次回はフランスの隠れた名産地 ジュラ・サヴォア地方を巡ります。

日本では入手困難なジュラ・サヴォアワインを飲みながら知られざるワインの歴史を振り返りましょう。

渡辺 順子

世界最大のオークションハウス「クリスティーズ」でアジア人初のワインスペシャリストとして活躍
プレミアムワイン株式会社CEOザッキーズ日本代表
代表著書世界のエリートが身につける「教養してのワイン」(ダイヤモンド社)
「日本のロマネコンティはなぜ『まずい』のか (幻冬舎)

2019年リーガルテックワイン会 〜 第2回 ローマからローヌ地方〜

世界地図

ローマ軍の遠征によりワインはフランスへ

ワインdeめぐる世界の旅 第2回

紀元前、ローマ帝国にもたらされたワインはローマ軍の遠征によりフランスへと広げられました。兵士の水代わり
栄養補給のためシーザーは遠征先の人々にワイン造りを教えて行ったたと言われています。「ワインdeめぐる世界
の旅」第2回ローマ軍が最初に足を踏み入れたフランスのローヌ地方、南仏地方を訪れます。

1、ワイン大国フランスの始まり

ローマの代表的ワインの産地となった 「シャトーヌフ・ドュ・パプ」(法皇の新しい城)という意味のこの産
地は後にローマ法皇の住居となりワイン作りが発達しました。プロバンス地方へ遠征した兵士たちは南仏で飲む
ワインをとても喜んだと記録に残っています。

2、ローヌとプロヴァンス地方の特徴

「ワインdeめぐる世界の旅」第2回
ローマ帝国によってフランスに伝えられたぶどう栽培とワイン醸造の技術はプロヴァンス地方からローヌ地
方へ広がりました。ギリシャで偶然作られたロゼワインがローマ軍によりプロヴァンス地方に伝えられ今で
はプロヴァンスの一大産業として世界中で人気が高まっています。

3、ローヌワインとプロヴァンスのワイン

ローヌ地方ではパワフルな赤ワインが主流です。アヴィニオンにローマ法王が移った時期にワイン造りが盛
んになりました。寒暖差の激しいローヌ地方ではぶどうの果皮がしっかりしたシラー種やグルナッシュ種が
環境に適しており、香り豊かなワインが造られています。

「シャトー・ダングレス」(白ワイン)

すぐ目の前に地中海が広がるうシャトーダングレスは18世紀から存在する歴史るシャトーです。ボルドーワ
インの銘醸シャトー、シャトー・ラフィット・ロスチャイルドで8年間ワイン造りを務めた有名な醸造長がプ
ロヴァンス特有のワインを作ります。

「シャトー・ダングレス」クラシック・ブランは極力オーガーニック農法でぶどうを育てるため、香り豊かな
ぶどうが育ちます。白ぶどうはハーブの香りと酸のきいた果実味が特徴です。手摘みで収穫し、丁寧に作られ、
高い評価を受け、多くの星付きレストランで扱われているワインです。

「シャトー・ダングレス」(ロゼ)

ダングレスのロゼワインはフランス国内でも人気が高く地元でもすぐに売り切れてしまいます。フレッシュな
果実味とスパイスがきいた味わいは魚介類ともお肉とも相性がよく、バランスの取れた味わいです。
この日召し上がっていただいたロゼワインは、ハーブやライムの香りが心地よく、酸と甘みのバランスが絶妙
なしっかりした味わいのロゼワインでした。粘着性がありぶどうエキスをたっぷり感じます。自然な味わいを
生かすため極力オーガニックで醸造を行い、ぶどう本来の味わいを引き出していました。

「ドメーヌ・デュリウ」(赤ワイン)

ローヌ地方では比較的新しい作り手ですが、18世紀からぶどう栽培を行っていた家系です。
1970年代からドメーヌを設立し、自身のワインを醸造しました。
ローヌワイン特有のパワフルでリッチな味わいですが、柔らかいタンニンが特徴的でとてもエレガントなワイ
ンです。この年は温暖化の影響でぶどうの実りが早く例年に比べ2週間ほどぶどうの収穫日を早めました。そ
れでもぶどうの糖分の影響でワインのアルコール度数が高めになりましたが、スパイシーな香りが醸し出され
より深くリッチな味わいに仕上がりました。

2019年リーガルテックワイン会 〜 ワイン de めぐる世界の旅 第 2 回 〜 「ローマからローヌ地方」 いかが
でしたでしょうか?ローマ軍の遠征により、南仏をへてフランスへとひろがっていったワイン文化。ローヌとプロヴァンスから白、
ロゼ、赤の3種類のワインをセレクトしました。

「シャトー・ダングレス」クラシック・ブランは、地元のぶどう品種をを使用し、プロヴァンスらしいく果実味
豊富で太陽の日射をたくさん浴びたぶどうから造られた白ワインでした。はつらつとして元気な味わいが広がり
ます。蜂蜜やパイナップルの香りが広がり後味の余韻が長くメインの長州鷄ムネ肉のクリームソースとの相性抜
群でした。

「シャトーダングレス」クラシック•ロゼは、酸と甘みのバランスがとれたどのお料理にも合うしっかりした味
わいのワインでした。

「ドメーヌ・デュリウ」は、ローヌ地方らしいパワフルな赤ですが、収穫が早まってもその力強さで、深みと
高貴な味わいは見事な仕上がりでした。

次回のテーマは

〜 ワイン de めぐる世界の旅 〜 3日目。 次回もローヌをゆっくり旅します。ローヌ地方はローマ法王が
移りすんだことにより、ワイン造りが盛んになりました。ローマ法王によって広まったワインを深く掘り下
げます。

ワイン_パンフレット

渡辺 順子

世界最大のオークションハウス「クリスティーズ」でアジア人初のワインスペシャリストとして活躍
プレミアムワイン株式会社CEOザッキーズ日本代表
代表著書『世界のビジネスエリートが身につける 教養としてのワイン』(ダイヤモンド社)
『日本のロマネ・コンティはなぜまずいのか』 (幻冬舎ルネッサンス新書)

「データテック」書籍出版記念イベント

先日、WeWork Gina Sixで「データテック」書籍出版記念イベントが開催されました。

全景

GAFAの次の時代へ

最初にAOSグループ代表の佐々木 隆仁氏より「GAFAの次の新時代へデータテックがもたらすデータ解放革命」についての講演がありました。

『GAFAの次の新時代へデータテックがもたらすデータ解放革命』(AOSグループ代表:佐々木 隆仁)

AIブロックチェーン革命の勝者

続いて、データテック株式会社 代表取締役の志田 大輔氏より「AI、ブロックチェーン革命の勝者となるための革新技術とは」についての講演がありました。

『AI、ブロックチェーン革命の勝者となる為の革新技術とは』(データテック株式会社 代表取締役:志田 大輔)

順子全景

最後は、ワインスペシャリストの渡辺 順子氏によるプレミアムワイン会が開催されました。

順子

インターネットやSNSとともに育ち、アメリカのミレニアル世代の若者たちのライフスタイルとマッチしたことで、大ブームを引き起こしたロゼワイン。本イベントではIT技術で作る新しい感覚のロゼワインをご紹介させていただきました。

乾杯

データテック社代表の志田より、乾杯のご挨拶。皆様のご健勝とご活躍をお祈りし、乾杯!

この度は「データテック」出版記念イベントにお越しいただき、誠にありがとうございました。


データテック_書籍
NEW!

XMLルネサンスによる最強のデータ戦略

データテック

リアルデータの循環で700兆円の経済地殻変動が起こる今、
第4次産業革命に「データの解放」で勝つ!

AOSリーガルテック株式会社 佐々木隆仁、志田大輔・著

出版社:日経BP社ISBN-10: 4296100432 / ISBN-13: 978-4296100439
発行日:2019/3/4 第1版 第1刷


2019年 リーガルテックワイン会~第1回 メソポタミアからローマ~

世界地図

ワインdeめぐる世界の旅

2019年より継続的なテーマでワイン会を進めていく運びとなりました。1年をかけて皆様をワインをめぐる世界の旅にお連れしたいと思います。2019年リーガルテックワイン会 〜 ワイン de めぐる世界の旅 第1回 〜 Step1 メソポタミア〜ローマ 第1回目は、ワイン発祥の地と呼ばれる国々イスラエル、ギリシャ、ジョージア(グルジア)から高い評価を受けている銘酒をお楽しみいただきました。

東京タワー

1、ワイン発祥の歴史

6000年以上も前から存在していたと言われるワイン。その発祥の地は今もなお定かではありませんがシュメール人が書き綴ったメソポタミア文明最古の文学作品「ギルガメッシュ叙事詩」にはワインが記されています。また今のグルジアあたりで最古のワインの壺が発見されました。

ワインを飲みながら人が集まっていた跡も発見され、紀元前4000年頃からワインを通じで人とのコミュニテーが確立されていたのです。

また地中海から生まれたワインはギリシャで大量生産が可能となりエジプトに渡たりました。エジプトでは人々は水代わりクレオパトラは美容のためにワインが浸透しました。ワインをめぐる壮大な歴史的ロマンが広がります。

テーブル

2、イスラエル、ギリシャ、地中海の島々

「ワインdeめぐる世界の旅」がスタートしました。皆様をワインと共に世界の旅におつれする第一回目はワイン発祥の地と言われる地中海、ジョージア、イスラエルから出発しました。
とても珍しいサントリーニ島の白ワイン、世界遺産の醸造で作るジョージアのオレンジワイン、そして最後はボルドーの高級ワインを彷彿するイスラエルの赤ワインを味わいました。

ワインが作られた時代に遡り古代の人々への思いを寄せながら歴史を交えそれぞれのワインを堪能しました。ワイン発祥の地と言われる今回の3つの産地のワインはどれも個性がありテロワールを表現した味わいです。ワインが作られるべく神に選ばれた土地だったのだと実感しました。

白ワイン

「ガバラス・サントリーニ」(白ワイン)

紀元前2000年にまで遡るエーゲ海に浮かぶサントリーニ島のワイン
サントリーニ島最古のワイナリーと言われる「ガバラス・サントリーニ」
サントリーニ島の高貴な固有品種、アシリティコ種100%で作られるミネラルたっぷりの白ワインは数々の賞を受賞しました。控えめで淡い味わいですが、しっかりした個性を持ち、バランスの良い味わいです。

太陽の恵みをたっぷり浴びジューシーでストレスなく育ったぶどうの味わいを感じます。ギリシャで醸造法が確立されその後エジプト、ローマ、フランスへ広がったと言われています。

壺

3、グルジアワイン、イスラエルワイン

2013年ジョージア(グルジア)で古代から伝わる土壺での醸造「クヴェヴリ製法」がユネスコの無形文化財に登録されました。地中に埋めたクヴェヴリという特殊な卵型の土器の甕(かめ)で発酵から貯蔵までを行う伝統的なワイン製法は、白ワインでありながら、ブドウの果皮や果梗(実を支える柄)、種も一緒に甕に入れて醸造する赤ワインの製法で作られることによりポリフェノールの一種であるタンニン成分が多いことが特徴です。

オレンジワイン

「シュラウリ ヒフヴィ」(オレンジワイン)

ジョージアの「オレンジワイン」は昔ながらの醸造法を今も守り土に埋めた土壺に白ぶどうの皮も種も一緒に入れ発酵させます。皮と種から抽出されるエキスとぶどうの果実味が織りなすハーモニーは個性豊かなウィスキーのような発酵香とこくのある味わいです。香りはしっかりしていますが、後味はスッキリしています。楊貴妃やクレオパトラも愛飲したと言われる伝統的な味わいです。
※  オレンジワインとは白ぶどうを赤ワインの醸造法(果皮や種を一緒に漬け込んで醸造し醸す方法)を用いて醸造することで、白ワインでもロゼワインでもない、濃い色調やタンニン成分(渋みや強い口当たり)、独自の風味を持つワインのスタイルです。

赤ワイン

「ヤルデン、カベルネ・ソーヴィニオン」(赤ワイン)

イスラエルを代表するハイクラスのワイナリーです。
最先端の科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせ高品質でエレガントなワイン生み出しました。
年間を通じてぶどう畑は畑内に張り巡らされたデータを集め徹底した管理システムの元ワインが作られています。発酵も全てコンピューター制御で温度管理されており最高級ワインの醸造を可能にしました。イスラエル航空のファースト&ビジネスクラスで長年採用されており世界的に大人気のワインです。

ワイン畑_イメージ

2019年リーガルテックワイン会 〜 ワイン de めぐる世界の旅 第1回 〜 Step1 メソポタミア〜ローマ いかがでしたでしょうか?

まだ文明が確立されていない何千年も昔から古代の人々はワインを囲み、語り、ともに喜びの時間を過ごしていました。人類の文明の発達に少なからずワインが貢献したのは確かであり誇らしくも感じます。
当時と同じ醸造法で作られるワインを囲み、未来のテクノロジーや技術の進歩がもたらす人間の幸福について語る素晴らしいひとときとなりました。今後の我々の生活がより快適になるビジネスヒントも生まれ有意義な時間を過ごしました。

普段あまり口にすることがないギリシャ、イスラエル、ジョージアのワインですが、みなさま大変ご満足いただきました。

「オレンジワインはまるでウィスキーのような芳醇な香りがする」
「ボルドーより美味しいイスラエルのカベルネ・ソービニオンだ」
「サントリーニ島のワインを飲むと新鮮が魚介類が食べたくなりますね」
などなど嬉しいご感想もいただきました。

ヨーロッパ_ローマ地図

次回のテーマは

紀元前、ローマ帝国にもたらされたワインはローマ軍の遠征によりフランスへと広げられました。兵士の水代わり栄養補給のためシーザーは遠征先の人々にワイン造りを教えて行ったたと言われています。ローマ軍が最初に足を踏み入れたフランスのローヌ地方、南仏地方を訪れます。

ローマの代表的ワインの産地となった
「シャトーヌフ・ドュ・パプ」(法皇の新しい城)という意味のこの産地は後にローマ法皇の住居となりワイン作りが発達しました。パワフルな味わいが特徴のシャトーヌフ・ドュ・パプの赤ワインをお楽しみください。

プロバンス地方へ遠征した兵士たちは南仏で飲むワインをとても喜んだと記録に残っています。
太陽の恵みを燦々と浴びたジューシーなロゼワインとロゼスパークリングワインをお楽しみください。

ワイン_パンフレット

渡辺 順子

世界最大のオークションハウス「クリスティーズ」でアジア人初のワインスペシャリストとして活躍
プレミアムワイン株式会社CEOザッキーズ日本代表
代表著書『世界のビジネスエリートが身につける 教養としてのワイン』(ダイヤモンド社)
『日本のロマネ・コンティはなぜまずいのか』 (幻冬舎ルネッサンス新書)