個人情報が安全に保護されていると考える人は8%~US調査

 アメリカ人のうち、企業、銀行、政府等が管理する個人情報が安全だと考えている人は8%にすぎない~とCAは報告しています

 世論調査によると、22%が個人情報を盗まれた経験があり、48%が知人が個人情報を盗まれたという話をきいたことがあるとのこと。

 CAによると、大多数の消費者は企業や政府がオンラインセキュリティ及びプライバシー保護改善に対し、十分な投資を行っていないと考えているようです。

 ・企業のオンラインセキュリティ及びプライバシー保護に対する投資が不十分である:72%

 ・政府のオンラインセキュリティ及びプライバシー保護に対する投資が不十分である:68%

 ・金融機関のオンラインセキュリティ及びプライバシー保護に対する投資が不十分である:58%

 この調査を裏付けるかのように、アメリカのセキュリティ企業幹部の32%が自社のセキュリティへの投資が不十分と認めています。

 CAによると、セキュリティ攻撃の脅威が外部から内部へと変化しており、機密データを保護するため、ID管理やアクセス管理のための製品を導入する企業が増加しているとのこと。