データ改ざん調査

AOS Fast Forensics

森友学園に端を発して、公文書のデータ改ざん調査が注目され、テレビ東京がデジタルフォレンジックの特集を放送し、弊社も取材を受けました。

AOS Fast Forensics

弊社は、約20年前から捜査機関にデジタルフォレンジックソフトを提供してきました。

AOS Fast Forensics

全国の捜査機関など約300箇所に電子鑑識ソフトを提供してきました。

AOS Fast Forensics

企業の情報漏えいや不正会計調査などで数多くの実績を上げてきました。

AOS Fast Forensics

検査データの改ざんなどの調査依頼も最近では増えています。調査対象のドキュメントが多い場合は、専用のツールを使って大量データの中から事件に関係のあるものを抽出するという作業を行います。

AOS Fast Forensics

データ改ざん事件の調査では、データ復元ツールを使って、過去のデータを復元して改ざんなどの痕跡を調べます。

AOS Fast Forensics

長年に渡り、捜査機関や企業の依頼を受けて不正調査を行う中で生まれた、最新のフォレンジックツールがAOS Fast Forensicsです。
USBメモリをパソコンに挿すだけで、専門家が現場にいなくても、簡単にフォレンジック調査をその場で行うために開発されたツールです。

AOS Fast Forensics

現場に大量のパソコンがあり、全てを押収することが不可能な場合に、パソコンにUSBメモリを挿して、その場で重要な証拠が入っているパソコンを絞り込むために利用されています。

AOS Fast Forensics

まずは、高速モードを利用して、簡単にフォレンジック調査を行います。

AOS Fast Forensics

現場で素早く証拠調査を行うことをFast Forensicsと言いますが、パソコンにAOS Fast Forensicsの入ったUSBメモリを差し込むだけで簡単にパソコンの調査を行うことができます。
より、詳細な調査が必要になった場合は、詳細モードを利用して調査を行うことができます。

AOS Fast Forensics
AOS Fast Forensics

AOS Fast Forensicについての詳細はこちら→https://www.fss.jp/aos-fast-forensics/

6月4日 アビリティスタッフ株式会社様と《 xTECHとワイン「HRを支えるVDRテクノロジーとワイン」》セミナーを開催いたします。

2019年5月22日
リーガルテック株式会社
東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町4F
TEL: 03-5733-5790

2019年6月4日 WeWork 乃木坂にて、アビリティスタッフ株式会社様と《xTECHとワイン「HRを支えるVDRテクノロジーとワイン」》セミナーを開催いたします。

概要

時: 2019年6月4日(火)18:15~20:00(受付開始17:45)
参加費:
場: WeWork 乃木坂東京都港区南青山1-24-3
付:
催: リーガルテック株式会社
催: アビリティスタッフ株式会社

お申し込みはこちら

メインテーマ:《xTECHとワイン「HRを支えるVDRテクノロジーとワイン」》

多くの企業がどうすれば優秀な人材を確保できるかという課題で頭を悩ませています。空前の人手不足となっている現在、優秀な人材の争奪戦が大企業とベンチャー企業が入り乱れる形で繰り広げられています。
そこで注目されているのが優秀な人材の獲得をテクノロジーを使って効率化するHRテックです。
本セミナーでは、機密情報をクラウドで安全に共有できる最新技術VDR(バーチャルデータルーム)を活用している人材紹介会社アビリティスタッフとVDRを開発したリーガルテック社が共同で、他では聞けない優秀な人材を採用できたノウハウをご紹介いたします。

第二部ではワインスペシャリストの渡辺順子さんより、アメリカでHRテックシステムを提供するオラクルコーポレーションが立ち上げたワインクラブのお話と共に2種の関連ワインをご紹介します。是非ご参加ください。


■ 講師紹介

第一部18:15~19:15「HR業界でのVDR活用例」

AOSグループ代表佐々木 隆仁(ささき たかまさ)

1989年早稲田大学理工学部卒業。大手PCメーカー入社、OS開発に従事、1995年にAOSテクノロジーズ社を設立、代表取締役就任。2012年にリーガルテック社を設立、代表取締役就任。2018年に日本初のAPI取引所となるAPIbankを設立。2019年にJAPAN MADE事務局を設立、代表取締役就任。2015年に第10回ニッポン新事業創出大賞で経済産業大臣賞受賞。著書に『APIエコノミー』(日経BP)、『レグテック』(日経BP)、『リーガルテック』(アスコム)などがある。

アビリティスタッフ株式会社代表取締役 梶田 政宏(かじた まさひろ)氏

1989年玉川大学工学部卒業。大手電機メーカーのコンピュータ専門部門に入社、製造業向けシステムの開発に従事、2001年にリアルタイムOSではグローバルシェアNo1の企業に転職しテクニカルマーケティングを担当。その後組込向けプラットフォームを提供するベンチャー企業のスタートアップに参画した後、BtoBマーケティングの会社にてCTOとしてシステム部門を立ち上げる。2007年にアビリティスタッフの代表となり、主にIT業界の中小ベンチャー企業向けに人材紹介を行っている。

第二部19:15~20:00プレミアムワイン会

ワインスペシャリスト渡辺 順子(わたなべ じゅんこ)氏

1990年代に渡米。フランスでのワイン留学を経て、2001年から大手オークションハウス「クリスティーズ」のワイン部門に入社。NYクリスティーズでアジア人初のワインスペシャリスト。オークションに参加する世界的富豪や経営者、一流ビジネスパーソンにワイン紹介・指南。2009年にプレミアムワイン株式会社の代表取締役就任。セミナーやワイン会などを通じ、ワインオークション文化の伝播に努める。2016年 NY、香港を拠点とする老舗のオークションハウスZachys(ザッキーズ)の日本代表就任。国内でのサテライトオークションを手掛け、出品・入札および高級ワインに関するコンサルティングを行う。代表著書に『世界のビジネスエリートが身につける 教養としてのワイン』(ダイヤモンド社)がある。


お申し込みはこちら


なお、個人情報の取り扱いに関するお問い合わせは、以下の窓口までお願い致します。

■ リーガルテック株式会社個人情報保護事務局

  1. 東京都港区虎ノ門5-1-5メトロシティ神谷町4F
  2. TEL:03-5733-5790 / MAIL:privacy_aosl@aos.com

(ご参考)アビリティスタッフ株式会社https://abilitystaff.co.jp

企業の不正調査

AOS Fast Forensics

2015年8月28 日にテレビ東京のニュース特集でデジタル鑑識(フォレンジック)が取り上げられ、弊社が取材された内容が放送されました。

AOS Fast Forensics

ニュースで取り上げられたのは、東芝の巨額の不正会計事件でした。

AOS Fast Forensics

当初、社長は、不正に関与したことを否定していましたが、第三者委員会は、歴代の3人の社長により組織的な不正があったと認定しました。

AOS Fast Forensics

第三者委員会が出した報告書では、不正を立証するために使われた特殊な調査手法について記載されていました。

AOS Fast Forensics

それがデジタルフォレンジックという手法ですがデジタル鑑識という言葉で紹介されました。

AOS Fast Forensics

実際の作業は、外部の専門業社が特別な装置を使って、調査対象となるパソコンのハードディスクを専用の装置でコピーするという形で行われます。時には、夜に会社に行って、徹夜での作業となってしまいます。

AOS Fast Forensics

不正事件の場合は、都合の悪いデータは削除されていることが多いので高度な復元作業も必要となります。

AOS Fast Forensics

大量のメールに重要証拠が残っているケースが多いので、メールの仕分け作業が必要です。

AOS Fast Forensics

以前は、調査が必要となりそうなパソコンの全てのデータを取得していましたが、最近は、あまりにも大量のパソコンが対象となり、物理的に、全てのデータを保全して、持ち帰ることが難しくなってきました。そこで、大量のパソコンの中から調査が必要となるパソコンを現場で絞り込むツールが開発されました。

AOS Fast Forensics

現場で素早く証拠調査を行うことをFast Forensicsと言いますが、パソコンにAOS Fast Forensicsの入ったUSBメモリを差し込むだけで簡単にパソコンの調査を行うことができます。
AOS Fast Forensicsは、捜査機関の依頼で専門的な知識がない人でも簡単にパソコンの調査ができることを目的として開発されました。

AOS Fast Forensicについての詳細はこちら→https://www.fss.jp/aos-fast-forensics/

巨人の阿部選手が打ったホームランの軌道が何故空中で変わったかを解析

AOS画像解析フォレンジック
2019年2月8日に放送された日本テレビの「超問クイズ」の依頼で弊社の調査官が2012年8月26日の巨人vsDeNAのプロ野球の試合で巨人の阿部選手が打った謎のホームランの画像解析を行った内容が放送されました。

AOS画像解析フォレンジック
当時の放送では、阿部選手が打ったボールが何もない空中でワンバウンドして軌道が突然変わって、ホームランになったような映像となっていました。

AOS画像解析フォレンジック
数多くのホームランを見てきた専門家も解説できずに、真相は藪の中となってしまいました。

AOS画像解析フォレンジック
この謎を解くために、今まで、警察や弁護士の依頼で数多くの画像解析の実績をあげてきた弊社に調査依頼がありました。

AOS画像解析フォレンジック
実際の画像解析調査は、AOS画像解析フォレンジックツールを使って、暗闇での画像の鮮明化処理を行いましたが、空中でボールに何かが当たったような障害物は、検出されませんでした。

AOS画像解析フォレンジック
解析結果を元にCGを作成して、状況を再現しました。

AOS画像解析フォレンジック
スタジアムのサイズやカメラの位置などを元に計算を行い、CGを作成しました。

AOS画像解析フォレンジック
弊社の調査官が作成したCGを元に検証作業を行ったところ

AOS画像解析フォレンジック
カメラマンがズームアウトを行いながら、ボールを追いかけるという作業を行っていましたが、途中でカメラのズームの限界となり、ズームが止まってしまったことが原因だと分かりました。

AOS画像解析フォレンジック
つまり、カメラのズームアウトが途中で止まり、ボールの軌道が突然何かに空中で当たって変わったように見えたということです。この画像解析は、AOS画像解析フォレンジックEnhancementというツールを使って行われました。

AOS画像解析フォレンジック
このような画像解析は、実写映像から3次元の運動を再現して行います。

AOS画像解析フォレンジック
実写動画と同じCG動画が得られるよう、実写動画からの情報、車体形状情報、地形地物情報、力学的運動法則を用いて物体の3次元運動を再現します。CG動画により任意の視覚から見た現場の状況を確認することができます。

AOS画像解析フォレンジック Enhancementを使って、実際に画像解析を行っている実演動画は、こちらです。

AOS画像解析フォレンジック Enhancement の詳細は、こちら→https://www.fss.jp/ia_f-enhancement/

TBS、フジテレビの特集ニュースを支援○○○事件の真相

AOS画像解析フォレンジック

2017年2月13日に北朝鮮の金正男氏がクアラルンプール空港で2人の女性に襲われVXガスにより殺害されるという事件が起こり、TBSのあさチャンで「金正男氏を死に追いやる包囲網防犯カメラ映像を専門家が解析」というニュースが報道されました。

AOS画像解析フォレンジック

番組の中で防犯カメラ映像をAOS動画解析フォレンジックを使って弊社の調査官が行った画像解析が放送されました。

AOS画像解析フォレンジック

AOS画像解析フォレンジック

空港の防犯カメラの映像は、かなり画質が悪く、映像の鮮明化を行いました。

AOS画像解析フォレンジック

鮮明化された防犯カメラの映像には、実行犯の女性が金正男氏に襲いかかる様子が映っていました。

AOS画像解析フォレンジック

この報道の7か月後に今度は、フジテレビで「金正男暗殺事件の真相徹底解析暗殺の瞬間に何が?」という番組が放送され、ここでも弊社の調査官が新たに持ち込まれたより詳細な防犯カメラの映像を元に画像解析を行いました。

AOS画像解析フォレンジック

AOS画像解析フォレンジックで解析した防犯カメラの映像を元に犯行の動きを解説しました。

AOS画像解析フォレンジック

犯行画像のなかで腕の動きに注目して、どういう指示のもとに犯行が行われたのかを分析しました。

AOS画像解析フォレンジック

解析された映像には、実行犯が金正男氏の顔をしっかり掴み、体を引き寄せ、両腕に力を入れ顔を抱え込む様子が映っていました。

解析された映像をもとに犯行の瞬間をCGで完全に再現させ、検証作業が行われました。

AOS画像解析フォレンジック Enhancementを使って、実際に画像解析を行っている実演動画は、こちらです。

AOS画像解析フォレンジック Enhancement の詳細は、こちら→https://www.fss.jp/ia_f-enhancement/

韓国のバス横転事故のドラレコ復元

AOS画像解析フォレンジック

韓国でバスの横転事故が起こった際にAOS画像解析フォレンジックツールを活用し、破損したドライブレコーダーからの動画復元により判明した事故の状況が、MBC放送でニュース配信されました。

AOS画像解析フォレンジック

観光バスは、完全に横転しており、4人が死亡、22人が重軽傷という大惨事となりました。

AOS画像解析フォレンジック

バスは大破しており、事故の状況を記録したドライブレコーダーも破損が激しく、データを取り出すことが困難な状況でした。

AOS画像解析フォレンジック

バスのドライブレコーダーから取り出した媒体に対して、AOS画像解析フォレンジックを使って動画復元を行ったところ、事故の動画を復元することに成功しました。

AOS画像解析フォレンジック

復元された動画を元に事故の様子をCGで再現した画像がこちらですが、前方を走っていた乗用車が急に車線変更を行ったために衝突を回避しようとしたバスの運転手がハンドル操作を誤り、バスがバランスを崩して横転したことが判明しました。

AOS画像解析フォレンジック

AOS画像解析フォレンジック

このケースでの動画復元は、AOS画像解析フォレンジックProfessionalに使われているフレーム復元技術を使って行われました。まずは、破損した動画ファイルから、フレーム単位で取り出せる画像を検出します。

AOS画像解析フォレンジック

破損した動画ファイル全体を復元できなくても、1コマでも復元できる画像があれば、それを抽出します。

AOS画像解析フォレンジック

今度は、抽出したフレームをつなぎ合わせて動画ファイルを作成します。

このようなフレーム単位の復元を行ったところ、事故の直前、直後の映像を復元することに成功しました。

AOS画像解析フォレンジック Professional の詳細は、こちら→https://www.fss.jp/fss_movie01-2/

対策迫られる社内データ管理

2018年5月21日にNHKのおはよう日本で「対策迫られる社内データ管理」という特集で弊社の AOS Fast Forensics が紹介されました。

aos fast forensics_01

企業がデータの扱いを誤ると信用を失うだけでなく、巨額の賠償を負うことにもなりかねないということで、情報セキュリティへの関心が高まり、情報セキュリティ市場規模が2017年には、1兆円に迫ってきています。

aos fast forensics_02

実際にビジネスを行う上で個人情報流出が起こってしまったら大変な問題になります。

aos fast forensics_03

万が一、情報漏えいや改ざんが起きた場合の対策にも関心が集まっています。それがデジタルフォレンジック「電子鑑識」です。誰が不正を行ったかを立証する技術です。

aos fast forensics_04

国内でいち早くデジタルフォレンジックに取り組んでいた会社ということで、弊社が紹介されました。

aos fast forensics_05

弊社は、警察、検察、最近では企業の依頼で様々なリーガルテックツールとサービスを提供して来ました。

aos fast forensics_06

機密データが流出して、原因を解明しようとする場合

aos fast forensics_07

まずは、社内にある大量のパソコンから怪しいものを絞り込む必要があります。

aos fast forensics_08

そんなときに、パソコンに AOS Fast Forensics の入ったUSBメモリを差し込むだけで簡単にパソコンの調査を行うことができます。AOS Fast Forensicsは、捜査機関の依頼で専門的な知識がない人でも簡単にパソコンの調査ができることを目的として開発されました。

aos fast forensics_09

AOS Fast Forensics を起動すると、パソコンの操作履歴を簡単に検出することができます。

aos fast forensics_10

データの持ち出しに利用されることが多いUSBの接続履歴を調べることもできます。

aos fast forensics_11

どの製造番号のUSBメモリがいつ差し込まれたかを表示することができますので、会社が管理していないUSBメモリであれば、不正使用の疑いがあります。

aos fast forensics_12

AOS Fast Forensicsについての詳細はこちら→https://www.fss.jp/aos-fast-forensics/

徳島県警 瞳に浮き上がる 容疑者

2017年2月10 日(金) テレビ朝日のスーパーJチャンネルの特集「瞳に浮き上がる容疑者」にて、弊社の動画フォレンジック技術が紹介されました。

スクリーンショット 2019-04-30 10.37.39

番組の内容は、徳島県警で刑事事件の容疑者がスマートフォンで撮影していた写真の中に被害者の写真が見つかり、徳島県警が解析したところ、被害者の瞳に容疑者の影が映りこんでいることがわかり、容疑を裏付ける決めての証拠とされた事件を実際に検証してみるというものでした。

スクリーンショット 2019-04-30 10.19.11

高度な技術による緻密な鑑識作業が事件解明につながりましたが、

スクリーンショット 2019-04-30 10.38.28

番組では、徳島県警で事件を担当した鑑識課の方が「こういう動かぬ証拠を見たのは初めて」「度肝を抜かれた」とコメントしていたのが印象的でした。

スクリーンショット 2019-04-30 10.37.56

スクリーンショット 2019-04-30 10.38.54

実際に瞳に映った映像からどのくらいのレベルの解析ができるのか、弊社のフォレンジックラボにて検証作業が行なわれました。

取材風景

まずは、動画で撮影した顔の映像から瞳の部分を指定して切り出しを行います。

スクリーンショット 2019-04-30 11.42.12

動画から切り出した複数の瞳の映像をまとめて、超解像技術を使って、解像度の高い画像データを作成します。超解像技術とは、同じような画像を動画データから取り出し、合成を行うことで、より高い解像度の画像を生成する技術です。

スクリーンショット 2019-04-30 11.42.26

超解像技術で解像度を上げた瞳の画像に対して、明るさやコントラストなどを調整します。

スクリーンショット 2019-04-30 11.42.54

こうして作成した映像を確認すると、人物の髪型、ネクタイ、部屋の様子などが見て取れます。

スクリーンショット 2019-04-30 11.43.11

この画像処理は、AOS画像解析フォレンジック Enhancementというツールを使って行われました。

AOS画像解析フォレンジック Enhancementを使って、実際に画像解析を行っている実演動画は、こちらです。

~新元号 令和 とともに、社名を変更~ 4月1日 AOSリーガルテック社は「リーガルテック株式会社」に社名を変更いたします

2019年4月1日
リーガルテック株式会社
東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町4F
TEL: 03-5733-5790

平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

さて、このたび当社は4月1日より社名を「AOSリーガルテック株式会社」から 「リーガルテック株式会社」と変更する運びとなりましたのでご案内申し上げます。
次世代のリーガルテック®を開発し社会に貢献するために、法律市場のデジタルトランスフォメーションを先導していけるリーガルテック企業を目指し、社員一丸となって精進する所存でございます。
法律サービスの大衆化 、先進化 、生活化をなすために 日本の司法ITインフラをリードしていく新たな目標を掲げていきます。
今後ともお引き立てを賜りますようお願い申し上げます

※「リーガルテック」はリーガルテック株式会社の登録商標です。

リーガルテック社_社名ロゴ

AOSグループは、創立以来、今がまさにデジタル維新の時代だと認識し、次世代のリーガルテックを開発して法律市場のデジタルトランスフォーメーションを先導し、社会に貢献するという企業クレドで事業を進めてきましたが、より一層日本の司法IT インフラの先進化をサポートし、法律サービスの大衆化、先進化、生活化を推進して行くために社名を新たにリーガルテック株式会社と改め、再スタート致します。

社名を「リーガルテック」に変更し、新元号「令和」とともに事業再編も行い、従来のリーガルテックサービスに加えて、次世代法律検索サービス (dBengosi.com)、スマート電子契約事業を新たにスタートさせます。

第一弾として、次世代フォレンジックを強力にサポートするファスト フォレンジックツール「AOS Fast Forensics」を発売いたします。 これは、2018 年に発売した「AOS Data Forensic」を商品強化し、「新バージョン」「新ブランド」としてリニューアルするものです。 近年、ICT活用が進み、先進国では不正調査やデジタル機器を対象とする調査・ 解析においては現場の効率化が重要になってきました。 デジタル機器やデータの調査や操作において、素早く事態の概要を把握する「ファストフォレンジック」はフォレンジック調査の主流になっています。

fast_forensic_catalog

■「AOS Fast Forensics」の特長

1、現場調査用のツールです
2、コンピューターの専門知識が無くても活用できます。
3、インストール不要。USBメモリ型ソフトをPCに挿すだけです。
4、「年間利用ライセンス」として、サブスクリプション型価格に改定。導入初年度の投資負担を大幅に縮小しました。

■開発の背景

2001 年より警察、検察などの捜査機関に対し、デジタルフォレンジック(デジタル証拠調査)のサービスやツールを提供して参りましたが、近年、デジタル機器の急速な普及により、調査対象となる媒体が膨大となり従来 のように全ての媒体を押収して、後から専門家が調査するという手法が限界に達してきております。

■サービス概要

  1. サービス名:「AOS Fast Forensics (エーオーエス ファスト フォレンジック)」
  2. 提供開始日:2019年4月19日(金)
  3. 標準価格:オープン
    (参考:リーガルテック株式会社 直販価格¥300,000/税別)
  4. URL: https://www.fss.jp/aos-fast-forensics/

【リーガルテック株式会社について】

  1. 名 称:リーガルテック株式会社
  2. 代表者:佐々木 隆仁(ささき たかまさ)
  3. 企業クレド:次世代のリーガルテックを開発し、社会に貢献します。
  4. 経営ビジョン:法律市場のデジタルトランスフォーメーションを先導します。
  5. 経営方針:

    1. 法律サービスの大衆化、先進化、生活化をなしていきます。

    2. 日本の司法ITインフラをリードします。

    事業内容:

    <既存事業>

    1. リーガルサービス事業

    1. 1) eディスカバリーサービス
    2. 2) フォレンジックサービス

    2. リーガル販売事業

    3. AOS DataRoom事業

    4. デジタルデータ復旧サービス事業

    <新規事業>

    1. dBengosi.com(法律検索サービス)

    1. 1) 判例・法律検索 LegalSearch
    2. 2) 知財訴訟検索 pCourt
    3. 3) AI特許検索 PICs

    2. スマート電子契約 sContract

  6. 設 立:2012年6月
  7. 所在地:東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町4F
  8. 資本金:5,100万円
  9. URL: https://www.aos.com/
  10. 1995年創業のデータ復旧の老舗 AOSテクノロジーズ株式会社の100%子会社として2012年に設立。以来、データ復旧サービス、デジタル・フォレンジックサービス、リーガルテックツール販売、データ消去サービス、eディスカバリーサービスなどを手掛け、2015年には犯罪捜査や企業の不正検証の技術で国民生活の向上に著しく貢献するとして第10回ニッポン新事業創出大賞で「経済産業大臣賞」を受賞。

【問い合わせ先】

リーガルテック株式会社  https//www.aos.com/  TEL:03-5733-5790

プレスお問い合わせ:広報部 西澤 Email: pr_legal@aos.com / 一般の方のお問い合わせ:経営企画室 Email : legaltech_info@aos.com

3月27日 『JAPAN LEGAL TECHNOLOGY CONFERENCE REPORT』小冊子が刷りあがりました。

2019年3月27日
AOSリーガルテック株式会社
東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町4F
TEL: 03-5733-5790

この度、第6回 リーガルテック展2018「AI、ブロックチェーンとリーガルテック」の集大成『JAPAN LEGAL TECHNOLOGY CONFERENCE REPORT』が刷りあがりました。

通算5冊目となるリーガルテック展の公式レポート(特別編集版)です。従来はレクシスネクシス・ジャパン様のメディアの掲載記事を再編集した冊子でしたが、今回は初めて独立したメディアとなりました。本イベントは、2018年11月27日にGINZA SIX(中央区銀座)にて開催されました。

今回のリーガルテック展は、メインカンファレンスおよび、各セッションから聞きたい内容を自由にご選択いただく構成であったため、関心や興味をお持ちになられたにも関わらず、惜しくも聞き逃してしまったプログラムがあったのではないでしょうか。

弊社では、そのような皆様や当日参加できなかったお客様もいらっしゃるのでは?と考え、毎年イベント開催後にエッセンスをまとめたレポートをお出ししています。その最新版が刷り上がりましたので、ぜひご来社時にでも社員に「リーガルテック展のレポートをください」とお気軽にお申し付けください。また、弊社 https://www.fss.jp/ でも動画を配信しておりますので、あわせてご覧いただければ幸いです。


(ご参考)https://www.fss.jp/

「リーガルテック展2018が11月27日に銀座シックスで開催されました」

/||AOSの関連サービス


法令・判例検索ならhttps://ls.dbengosi.com

スマート電子契約https://dbengosi.com/index