2019年リーガルテックワイン会 〜 第2回 ローマからローヌ地方〜

世界地図

ローマ軍の遠征によりワインはフランスへ

ワインdeめぐる世界の旅 第2回

紀元前、ローマ帝国にもたらされたワインはローマ軍の遠征によりフランスへと広げられました。兵士の水代わり
栄養補給のためシーザーは遠征先の人々にワイン造りを教えて行ったたと言われています。「ワインdeめぐる世界
の旅」第2回ローマ軍が最初に足を踏み入れたフランスのローヌ地方、南仏地方を訪れます。

1、ワイン大国フランスの始まり

ローマの代表的ワインの産地となった 「シャトーヌフ・ドュ・パプ」(法皇の新しい城)という意味のこの産
地は後にローマ法皇の住居となりワイン作りが発達しました。プロバンス地方へ遠征した兵士たちは南仏で飲む
ワインをとても喜んだと記録に残っています。

2、ローヌとプロヴァンス地方の特徴

「ワインdeめぐる世界の旅」第2回
ローマ帝国によってフランスに伝えられたぶどう栽培とワイン醸造の技術はプロヴァンス地方からローヌ地
方へ広がりました。ギリシャで偶然作られたロゼワインがローマ軍によりプロヴァンス地方に伝えられ今で
はプロヴァンスの一大産業として世界中で人気が高まっています。

3、ローヌワインとプロヴァンスのワイン

ローヌ地方ではパワフルな赤ワインが主流です。アヴィニオンにローマ法王が移った時期にワイン造りが盛
んになりました。寒暖差の激しいローヌ地方ではぶどうの果皮がしっかりしたシラー種やグルナッシュ種が
環境に適しており、香り豊かなワインが造られています。

「シャトー・ダングレス」(白ワイン)

すぐ目の前に地中海が広がるうシャトーダングレスは18世紀から存在する歴史るシャトーです。ボルドーワ
インの銘醸シャトー、シャトー・ラフィット・ロスチャイルドで8年間ワイン造りを務めた有名な醸造長がプ
ロヴァンス特有のワインを作ります。

「シャトー・ダングレス」クラシック・ブランは極力オーガーニック農法でぶどうを育てるため、香り豊かな
ぶどうが育ちます。白ぶどうはハーブの香りと酸のきいた果実味が特徴です。手摘みで収穫し、丁寧に作られ、
高い評価を受け、多くの星付きレストランで扱われているワインです。

「シャトー・ダングレス」(ロゼ)

ダングレスのロゼワインはフランス国内でも人気が高く地元でもすぐに売り切れてしまいます。フレッシュな
果実味とスパイスがきいた味わいは魚介類ともお肉とも相性がよく、バランスの取れた味わいです。
この日召し上がっていただいたロゼワインは、ハーブやライムの香りが心地よく、酸と甘みのバランスが絶妙
なしっかりした味わいのロゼワインでした。粘着性がありぶどうエキスをたっぷり感じます。自然な味わいを
生かすため極力オーガニックで醸造を行い、ぶどう本来の味わいを引き出していました。

「ドメーヌ・デュリウ」(赤ワイン)

ローヌ地方では比較的新しい作り手ですが、18世紀からぶどう栽培を行っていた家系です。
1970年代からドメーヌを設立し、自身のワインを醸造しました。
ローヌワイン特有のパワフルでリッチな味わいですが、柔らかいタンニンが特徴的でとてもエレガントなワイ
ンです。この年は温暖化の影響でぶどうの実りが早く例年に比べ2週間ほどぶどうの収穫日を早めました。そ
れでもぶどうの糖分の影響でワインのアルコール度数が高めになりましたが、スパイシーな香りが醸し出され
より深くリッチな味わいに仕上がりました。

2019年リーガルテックワイン会 〜 ワイン de めぐる世界の旅 第 2 回 〜 「ローマからローヌ地方」 いかが
でしたでしょうか?ローマ軍の遠征により、南仏をへてフランスへとひろがっていったワイン文化。ローヌとプロヴァンスから白、
ロゼ、赤の3種類のワインをセレクトしました。

「シャトー・ダングレス」クラシック・ブランは、地元のぶどう品種をを使用し、プロヴァンスらしいく果実味
豊富で太陽の日射をたくさん浴びたぶどうから造られた白ワインでした。はつらつとして元気な味わいが広がり
ます。蜂蜜やパイナップルの香りが広がり後味の余韻が長くメインの長州鷄ムネ肉のクリームソースとの相性抜
群でした。

「シャトーダングレス」クラシック•ロゼは、酸と甘みのバランスがとれたどのお料理にも合うしっかりした味
わいのワインでした。

「ドメーヌ・デュリウ」は、ローヌ地方らしいパワフルな赤ですが、収穫が早まってもその力強さで、深みと
高貴な味わいは見事な仕上がりでした。

次回のテーマは

〜 ワイン de めぐる世界の旅 〜 3日目。 次回もローヌをゆっくり旅します。ローヌ地方はローマ法王が
移りすんだことにより、ワイン造りが盛んになりました。ローマ法王によって広まったワインを深く掘り下
げます。

ワイン_パンフレット

渡辺 順子

世界最大のオークションハウス「クリスティーズ」でアジア人初のワインスペシャリストとして活躍、プレミアムワイン株式会社CEOザッキーズ日本代表。
著書:
『世界のビジネスエリートが身につける 教養としてのワイン』(ダイヤモンド社)
『日本のロマネ・コンティはなぜまずいのか』 (幻冬舎ルネッサンス新書)