巨人の阿部選手が打ったホームランの軌道が何故空中で変わったかを解析

AOS画像解析フォレンジック
2019年2月8日に放送された日本テレビの「超問クイズ」の依頼で弊社の調査官が2012年8月26日の巨人vsDeNAのプロ野球の試合で巨人の阿部選手が打った謎のホームランの画像解析を行った内容が放送されました。

AOS画像解析フォレンジック
当時の放送では、阿部選手が打ったボールが何もない空中でワンバウンドして軌道が突然変わって、ホームランになったような映像となっていました。

AOS画像解析フォレンジック
数多くのホームランを見てきた専門家も解説できずに、真相は藪の中となってしまいました。

AOS画像解析フォレンジック
この謎を解くために、今まで、警察や弁護士の依頼で数多くの画像解析の実績をあげてきた弊社に調査依頼がありました。

AOS画像解析フォレンジック
実際の画像解析調査は、AOS画像解析フォレンジックツールを使って、暗闇での画像の鮮明化処理を行いましたが、空中でボールに何かが当たったような障害物は、検出されませんでした。

AOS画像解析フォレンジック
解析結果を元にCGを作成して、状況を再現しました。

AOS画像解析フォレンジック
スタジアムのサイズやカメラの位置などを元に計算を行い、CGを作成しました。

AOS画像解析フォレンジック
弊社の調査官が作成したCGを元に検証作業を行ったところ

AOS画像解析フォレンジック
カメラマンがズームアウトを行いながら、ボールを追いかけるという作業を行っていましたが、途中でカメラのズームの限界となり、ズームが止まってしまったことが原因だと分かりました。

AOS画像解析フォレンジック
つまり、カメラのズームアウトが途中で止まり、ボールの軌道が突然何かに空中で当たって変わったように見えたということです。この画像解析は、AOS画像解析フォレンジックEnhancementというツールを使って行われました。

AOS画像解析フォレンジック
このような画像解析は、実写映像から3次元の運動を再現して行います。

AOS画像解析フォレンジック
実写動画と同じCG動画が得られるよう、実写動画からの情報、車体形状情報、地形地物情報、力学的運動法則を用いて物体の3次元運動を再現します。CG動画により任意の視覚から見た現場の状況を確認することができます。

AOS画像解析フォレンジック Enhancementを使って、実際に画像解析を行っている実演動画は、こちらです。

AOS画像解析フォレンジック Enhancement の詳細は、こちら→https://www.fss.jp/ia_f-enhancement/