第23回 白浜シンポジウム

第23回 サイバー犯罪に関する白浜シンポジウムが開催され、リーガルテックも出展しました。
今年のテーマは、「メガイベントのセキュリティ対策 〜デジタル時代のイベントに対して、我々は何をすべきか〜」です。

白浜シンポジウム会場

ラグビーワールドカップ2019や東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会と、世界的なメガイベントが日本で開催される予定となっており、国を挙げて情報セキュリティ対策が進められています。

これまでのオリンピックでは、サイトを狙った「DDoS攻撃」やユーザーを狙った「フィッシング詐欺」が大きな問題となっていました。

今後のイベントでは、電力や交通、通信ネットワークといったインフラを狙ったサイバー攻撃が懸念されており、AIを利用したサイバー攻撃や新たな機能を付加したランサムウェアによる攻撃にも警戒が必要とされています。
また、人種差別や排外主義がますます広がることも予想され、観客が会場で閲覧するフェイクニュースが原因となる混乱やデモ・暴動の発生も気がかりです。
実際にサイバー攻撃が疑われるインシデントが発生した場合にどのように対処すればいいでしょうか?という内容で各分野の専門家の方々が講演をされていました。

今回、リーガルテックブースでは、これまで限られた専門家にしかできなかったフォレンジック調査を非専門家でも行えるように開発されたAOS Fast Forensicsを展示しました。

AOSブース1

ファストフォレンジックツールを使えば、現場で即時に必要な初期調査が行い、操作対象の絞り込みを効率良く行うことができます。

メガイベントのセキュリティ対策に現場主義のAOS Fast Forensics

会場では、無料体験版も配布しました。デジタルフォレンジック時代は現場中心の秒を競うような素早いフォレンジック調査が必要です。世界的なメガイベントが日本で開催される中、国を挙げて情報セキュリティ対策が進められています。

AOS Fast Forensics

AOS Fast Forensicsは、USBメモリを挿入しプログラムを実行するだけで調査対象のパソコンにインストールすることなく、データ収集が可能です。非専門家でも扱える簡単な操作でフォレンジックの初動調査を支援します。

AOS Fast Forensics の詳細は、こちらをご参照ください。

また、監視カメラやドライブレコーダの映像解析を行う画像解析フォレンジックツールなども展示しました。

AOSブース2

画像解析フォレンジックについては、こちらをご参照ください。

AOS画像解析フォレンジック Enhancement

最先端の解析技術で、監視カメラに写ったぼやけた顔、ブレた走行車両のナンバープレートなど、不鮮明な画像を鮮明化して証拠データとして抽出します。

AOS画像解析フォレンジック Enhancement の詳細は、こちらをご参照ください。