投稿

刺身包丁殺人事件(前編)

新しい言葉というのは覚えるのに時間がかかります。
それがカタカナだとなおさらです。これを書いている私は今でもついつい「フォレンジック」を「ジェネリック」と言い間違えてしまうほどです。ちなみに二つの言葉の間には何の関係もありません。
というわけで、辞書をめくってみると、「科学捜査の」という意味が載っておりました。というわけで、今回は科学捜査のお話。

科学捜査の一つに「痕跡を探す」というのがあります。要するに「足跡を探す」ってことですが、コンピュータの中で足跡探すといわれても何のことやらピンとこないので、一つ、例を。

ある夕暮れに殺人事件が起こりました。犯人は刺身包丁で被害者を一刺し。大量の返り血を浴びてしまいました。慌てた犯人はシャツについた血をごしごしと洗い流します。凶器を隠して、完璧なアリバイ作りにも成功し、見事高飛び……しようとした、まさにそのとき! 警察がやってきたのです。しかも! 片手になにやら怪しげな噴霧器を持って!

funmuki.JPG

さて。犯人は見事逃げおおせるのでしょうか?Stay TUNE!!!