投稿

日本で初めてのAI・人工知能EXPO

日本で初めてのAI・人工知能EXPOが東京ビックサイトで開催されました。

初めての人工知能の展示会が開催されたということで、非常の多くのお客様が来場されました。
会場入り口

AOSブースでは、「AIで変わる、AOSで変える」をテーマにAIクラウドバックアップのAOSBOXAIベースのビジネスチャットのInCircleをメインにこれから第4次産業革命で市場がどのように変わっていくかをプレゼンステージで説明しました。

会場で流した「AIで変わる、AOSで変える」のイメージ動画はこちらです。

オープニングでは、ヨーヨーの世界チャンピオンSOULさんが世界No.1の技術をパフォーマンスで披露してくださいました。
Soul

ヨーヨー世界チャンピオン SOULさんのパフォーマンス動画は、こちらです。

 

プレゼンビックデータ全景

続きまして、AOSグループ代表の佐々木 隆仁より、AI時代のビックデータについてのプレゼンがありました。
プレゼンビックデータ1

AI時代のビックデータのプレゼン動画は、こちらです。

AOSブースのプレゼンは、大変、好評で、毎回、満席となりました。

プレゼン横全景

AIクラウドバックアップ AOSBOXのプレゼン動画は、こちらです。

 

AIベースのビジネスチャット InCircleのプレゼン動画は、こちらです。

 

AOSの展示ブースでは、AIクラウドバックアップ「AOSBOX Intelligent」を展示。
AOSBOX2

AOSBOX Intelligentについての説明動画はこちらです。

 

大容量のデータをAOSBOXに移行するためのAWS Snowballも展示しました。
Snowball2

AOSBOXと大容量移行ツールSowballの説明動画はこちらです。

 

ビジネスチャットの「InCircle」の展示も行いました。
InCircle

メディアの注目度も高く、AOSブースも取材を受けました。
取材1

プレゼンでアンケートに答えていただいた方から先着10名様にヨーヨー世界チャンピオンのSOULさんのサイン入りヨーヨーのプレゼントも行いました。
ヨーヨープレゼント

ヨーヨー

多数のお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。
集合写真

ドイツのハノーバーにてCeBIT2017が開幕!

CeBIT2017は、経済産業省がメインスポンサーと渥美坂井ヤンセン外国法共同事業の共催で開催されます。メルケル首相、安倍総理も参加され、日本からはCeBITに118社が参加して、盛大に始まりました。

「国際カルテルにおける立入調査に潜むリスクと対応策」セミナーのご案内

2017年5月10日を皮切りに東京、大阪、名古屋において開催される、ベーカー&マッケンジー法律事務所様主催の「国際カルテルにおける立入調査に潜むリスクと対応策」セミナーについてお知らせいたします。

徳島警察の動画解析

2 月 10 日(金) テレビ朝日のスーハーJチャンネルの特集「瞳に浮き上がる容疑者」にて、弊社の動画フォレンジック技術が紹介されました。

リーガルテック展2016

2016年10月21日にザ・リッツ・カールトン・東京で第4回リーガルテック展が開催されました。

%e5%8f%97%e4%bb%982

 

%e4%bc%9a%e5%a0%b4%e5%85%a8%e6%99%af

今回は、Singularity & リーガルテックがメインテーマでした。

aosbox

開催最初にリーガルテック展の主催者のAOSリーガルテック株式会社 佐々木隆仁社長より、開会のご挨拶がありました。

%e4%bd%90%e3%80%85%e6%9c%a8%e6%8c%a8%e6%8b%b6

コンピュータの能力が人間の能力を超えるシンギュラリティの時代に法律市場を支えるリーガルテックがどう進化していくのかをメインテーマに各分野の最先端で活躍しております講師の方々にご講演いただきますとご紹介させていただきました。

AOSリーガルテック株式会社の佐々木隆仁氏からは、「リーガルテックとAIチャットボット」というテーマでご講演いただきました。

佐々木氏の講演ムービーはこちらです。

 

基調講演は、未来学者のPaul Saffo氏より、シンギュラリティをテーマとして「Meeting the Exponential Challenge」というタイトルでご講演いただきました。

saffo2

saffo3

未来学者 ポール・サッフォー氏のプロフィール

スタンフォード大学教授、米国シンギュラリティ大学チェアマン、スウェーデン王立理工学

アカデミーのフェローを務める弁護士

ハーバード大学法学部、ケンブリッジ大学法学部、スタンフォード大学大学院法学博士課程

卒業。

Paul Saffo氏の講演ムービーはこちらです。

 

Nuix社のDavid Graham氏からは、パナマ文書の解析調査を手がけたNuix社として、「What the hack happened? From the Panama Papers to your law firm」というタイトルご講演いただきました。

david

パナマ文書の解析は、2.6TBのデータ総量となり、Eメールが480万通、300万のデータベース、215万個のPDFファイル、111万個の画像ファイルが検出されたとのことです。

パナマ文書のデータを調べて、実際の記事を書いた朝日新聞社の奥山俊宏編集委員にもご登壇いただき、記者の立場からのコメントされていました。

%e6%9c%9d%e6%97%a5%e6%96%b0%e8%81%9e

Nuix社の講演ムービーはこちらです。

 

ベイカー&マッケンジー法律事務所の井上朗先生は、「クロスボーダー・アントラスト業務におけるArtificial Intelligence活用の可能性」というタイトルで、カルテル調査の実態やベイカー&マッケンジー法律事務所が導入したAIシステムについてご説明いただきました。

%e4%ba%95%e4%b8%8a%e5%85%88%e7%94%9f

井上先生の講演ムービーはこちらです。

 

カタリスト社のJohn Tredennick社長は、「米国におけるリーガル・テクノロジー「TAR」活用の現状と将来」というタイトルでご講演されました。

john

john%e5%85%a8%e6%99%af

カタリスト社の講演ムービーはこちらです。

 

シャーマン アンド スターリング外国法律事務弁護士事務所の望月聡朗先生は、「米国FCPA 〜最近の執行動向とそれを受けてのコンプライアンス対策〜」というタイトルでご講演されました。

%e6%9c%9b%e6%9c%88%e5%85%88%e7%94%9f

望月先生の講演ムービーはこちらです。

 

DLA Pipe のLisa Tenorio-Kutzkey氏より、「Navigating Global Anti-Trust Investigations」というタイトルでご講演いただきました。

lisa%e5%85%88%e7%94%9f

Lisa先生の講演ムービーは、こちらです。

 

特許事務所 白坂パテントマートナーズの白坂一氏は、「人工知能を用いた知財価値評価と知財活用事例」というテーマでご講演されました。

スクリーンショット 2017-07-18 15.05.54

展示会の入り口では、デジタルガーデイアン社のブースで情報漏洩防止ソリューションなどが紹介されました。

%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%83%b3

nuix

セミナーの後は、プレミアムワインの渡辺順子社長のコーディネートにより、ワイン会が開催されました。

%e6%b8%a1%e8%be%ba%e9%a0%86%e5%ad%902

プレミアムワインの最高峰と言われる1990年のペトリュスがご来場のお客様に振る舞われました。

%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%a5%e3%82%b9

%e4%b9%be%e6%9d%af

%e3%81%97%e3%82%99%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%91%e3%82%93

 

%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e4%bc%9a%e5%85%a8%e6%99%af

多数のお客様にご参加いただき、誠にありがとうございました。

 

AOSグループ20周年記念パーティー

2015年5月14日(木)ホテルオークラでAOSグループ20周年記念パーティーを開催しました。
入り口花

 

受付

 

会場の様子1

20周年記念パーティーのサブタイトルは、「愚の戦略で最後に勝つ」です。

タイトル

 

オープニンニングは、和太鼓のパフォーマンス集団「葉隠」の和太鼓から始まりました。

和太鼓

続いて、AOSテクノロジーズ株式会社の代表取締役社長の佐々木が会場にお越しの皆様方にご挨拶させていただきました。

佐々木挨拶全体

 

乾杯のご発声と祝辞は、コスモポリタン法律事務所の高橋喜一先生にお願いしました。

高橋先生

 

続いて、佐々木より、AOSグループの全体説明です。

佐々木講演

 

AOSグループ

伝統社会はお米、産業社会は鉄なら、情報社会はデータだと思って会社を立ち上げ、データの管理、データのやりとり、データの活用に特化しデータに深掘りして来ました。この筋20年間データのAOSになりました。

親会社は、これから持株会社及びまた子どもを産むインキュベーター会社に、データ管理をメインにする子はAOSデータ株式会社、データのやりとり(コミュニケーション)をメインにする会社はAOSモバイル株式会社、データの活用の分野で、特に訴訟などの法務関連をメインにする会社はAOSリーガルテック株式会社となります。

AOSリーガルテック株式会社の説明は、取締役の春山洋が行いました。

SONY DSC

 

AOSリーガルテックの概要

AOSリーガルテックは、モバイル端末のデータ復旧からデジタル訴訟を支援いたします。

AOSデータ株式会社の説明は、代表取締役社長の渡邊政美が行いました。

SONY DSC

データ管理は、スマホ、パソコンのライフサイクルに合わせた、データバックアップ、データ移行、データ復旧、データ抹消のソリューションです。

データ管理

 

AOSBOXの会員は、有料会員で10万人を突破、100万人の会員獲得を目指すと発表しました。

SONY DSC

 

AOSモバイル株式会社の説明は、代表取締役の原田典子が説明。

原田講演

 

最後は、社員全員のシュレヒコールでパーティーが始まりました。

シュプレヒコール

 

会場には、AOSのソリューションパネルを展示

SONY DSC

 

パーティーの後半に、AOS SMSを使った大抽選会が実施されました。

大抽選会

 

AOSリーガルテック賞は、ワインのスペシャリストの渡辺順子さんがセレクトした、

 

ボルドーの5大シャトーのひとつ。AOSの設立と同じ1995年のプレミアムワインのCHATEAU LATOR 1995でした。

SONY DSC

 

SONY DSC

AOSデータ賞は、あのオバマ大統領に安部総理がプレゼントした伝説のパターです。

SONY DSC

 

AOSモバイル賞は、アップルウォッチでした。

SONY DSC

 

最後は、春山取締役の三本締めでパーティーは閉会となりました。

三本締め

 

多数のお客様にご来場いただき、ありがとうございました。

SONY DSC