FBI、おとり捜査でオンライン犯罪者56人を逮捕

fbi56.jpg

FBIは2008年10月16日、おとり捜査で計56人のオンライン犯罪者を逮捕したと発表した。回避された経済的損失は約70億円に上ると、FBIでは見ているそうだ。

発表によると、FBIは、Webサイト「DarkMarket.ws」で運営されていたカード賭博師のオンライン・フォーラムに潜入し、おとり捜査を行った。このフォーラムは、盗難クレジットカードなどの金融情報や、銀行カードの偽造機器を売買する目的で広く使われており、DarkMarketサイトは2,500人以上の登録会員を抱えていたとのこと。

FBIのおとり捜査は、英国のSerious Organized Crime Agency(SOCA)、トルコおよびドイツの当局と協力して行われた。

FBIによると、おとり捜査で56人が逮捕されたほか、不正口座の差し押さえによって約70億円の経済的損失を防いだ。また、新たな犯罪の手がかりも得られ、当局による国際的な捜査が行われているという。

情報ソース:
http://www.fbi.gov/pressrel/pressrel08/darkmarket101608.htm

HTCIA 2008 カンファレンス

2008年10月20日~22日に米国ニュージャージー州アトランティックシティで開催されたHTCIA(High Technology Crime Investigation Association)主催のカンファレンスの模様をリポートしたい。

ハイテク犯罪に関する捜査機関向けツールの展示会と講演会から構成されたHTCIA2008であるが、展示会はデジタル・フォレンジックに関するハードウェア・ソフトウェアが数多く展示されていた。

特に携帯電話向けのツールは、携帯電話の進歩の速さと相まって、目立つようになってきた。

htcia2.jpg

htcia1.jpg

MCPCモバイルソリューションフェア2008に出展

MCPCモバイルソリューションフェア2008に出展しました。

モバイルソリューションフェア会場.jpg

AOSが出展したのは、パソコン用のフォレンジックツールと、携帯電話用のフォレンジックツールです。

モバイルソリューションフェア1.jpg

会場は、大変な賑わいで、多くのお客様にお越しいただきました。

モバイルソリューションフェア2.jpg

真剣な質問も多く、今後、携帯電話を対象としたフォレンジックツールの需要が高くなっていくことを実感しました。

米諜報機関向け「A-Space」の稼動迫る

CIA(米中央情報局)、NSA(米国家安全保障局)、FBIは、米国の16の情報機関の分析専門家らが利用するためのソーシャルネットワーキングサイト(SNS)の稼動テストを行っているという。諜報員たちは「A-Space」と呼ばれるこのサイトで、世界のテロ活動や軍の動きに関する情報を共有する。

「A-Space」の稼動試験は数カ月前から行われており、米国時間9月22日に米国の情報機関全体に向けて正式に発表される予定だという。

サイトへのセキュリティ面が非常に気なる「A-Space」であるが、ひょっとすると囮捜査的なことにも使われるのではなかろうか?

情報ソース
http://edition.cnn.com/2008/TECH/ptech/09/05/facebook.spies/index.html

英国重大詐欺局、ケース放棄

本稿で3回に渡り取り上げてきた、英国重大詐欺局調査中の対サウジ武器取引問題に関し、国家安全上の理由によりケース放棄を余儀なくされた。

BAEはこの度、20億ポンド(約4000億円)の武器兵器取引契約をMinistry of Defence (MoD)と締結した。

デジタル・フォレンジック調査の期待が高まっていたものの、機会喪失は残念である。

情報ソース:
http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/7573160.stm

bbc_news4.jpg

米司法省、過去最大のクレジットカード情報窃盗事件で11人を起訴

TJX Companies のクレジットカード情報窃盗事件に関与した11人の犯人が起訴された。

クレジットカード情報を入手後、犯人は東欧と米国にある暗号化されたサーバー上にその情報を保存し、その後、それらの国々の顧客にデータを売却した。そのデータから偽のクレジットカードが作成され、ATM から何万ドルもの現金を引き出すのに使用された。

米司法省は、犯人が4000万人分を超えるクレジットカードやデビットカードの情報を盗んだと推測しており、司法省が起訴した中では過去最大のクラッキングおよび個人情報の窃盗事件だ。

被告らの国籍は、米国が3名、エストニアが1名、ウクライナが3名、中華人民共和国が2名、ベラルーシが1名。

この事件から世界をまたにかけた高度なハイテク犯罪が進行中であることが容易に推測される。本事件のフォレンジック調査の結果に期待したい。

情報ソース:
http://japan.internet.com/ecnews/20080811/12.html

CIA科学技術局

アメリカのCIA(Central Intelligence Agency)には科学技術局が存在する。科学技術局は、最先端の情報収集技術の応用のために、以下の技術分野について研究・開発を行っている。

・アプリケーションソフトウェアの分析技術
・生物、核、化学兵器に関する技術
・通信、およびその通信インフラ技術
・デジタル識別、およびそのセキュリティ技術
・埋め込みシステム技術

CIAがこれらの技術の研究を進める目的は主に以下の2つである。
・先進の技術を応用し、CIA自体がその技術を使用して内部の効率を最大化するため。
・敵国が開発し得る技術に対するカウンターとしての予防線を張るため。

フォレンジックとは意味的目的が異なるものの、目指す技術的内容はほぼ同じである。
「いかに効率よく、必要な情報を抽出できるか。」
「ハイテク犯罪に使用され得る技術に対するカウンターとしての予防線を張るため。」

CIAはアメリカ国家の存続を守るためのものであり、FBIは犯罪者・テロリストからアメリカ国民を守るためのものであり、どちらも自身の生存を守るための強大なパワーである。FINALForensics技術はそのパワーに十分貢献しうる技術を保持している。

詳細については、ここでの掲載は控えさせていただきたい。

大分教員汚職、PCデータを復元

 大分県の教員採用汚職事件で、同県警は、改ざんされたPCのデータを復元した。ただし、県教委が改ざんの裏づけとなる答案用紙を処分しており、改ざん前の得点が確認できないとのこと。

 文書管理規定では答案用紙や面接結果の記録を10年間保存する義務があったが、保管場所が狭いことなどを理由に試験実施翌年の3月末で廃棄されていた。

 本件は被告も改ざんの事実を認めているが、不正合格者の特定が困難になっているらしい。

読売オンラインより抜粋、編集
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080805-OYT1T00659.htm?from=main2

車上あらしで中学校教諭の個人情報盗難

 小田原市教育委員会は31日、市立中学校の女性教諭(28)が、顧問を務める部活動の連絡網が入った手提げ袋を盗まれたと発表した。
 
 盗まれた手提げ袋の中には、「1、2年女子部員22人の氏名や電話番号」が記載されているとのこと。

 市教委によると、学校敷地内に止めた乗用車のガラスを割られ、後部座席から手提げ袋を盗まれたらしい。

フィッシング詐欺、初摘発

 毎日jpによると、銀行を装ったのメールで偽銀行サイトへ誘導し、顧客のIDやパスワードなどを不正入手した後、顧客の口座から自分の口座へ現金を送金していた男が、「不正アクセス禁止法違反」などの容疑で逮捕されたとのこと。
 
 本件で容疑者がフィッシングを行ったサイトは、ゆうちょ銀行、イーバンク銀行、新銀行東京など。装ったメールを約105万通送付し、21人から計約1300万円を詐取していたとのこと。

 「フィッシング」によりネット銀行から現金を詐取した事件の摘発は初めてだという。

フィッシング詐欺:銀行装い顧客ID入手、119万円詐取:

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080730k0000e040054000c.html